top of page
  • hccnichigo

2023年9月28日 レビ記14章

「ツァラアトに冒された者のきよめの儀式」


 13章はツァラアトがあるかどうかの調べに対して、14章はツァラアトに冒された時にきよめられた場合にやるべき三つの教えがのべられている。


第1、冒された患部を祭司に見てもらい、治っているなら二羽の小鳥をそなえ物とする。         そして、祭司がやるべきことが事細かくのべられている。これは、罪の赦しを象徴的に示すことであった。


第2、七日目になって、彼は髪の毛、口ひげ、眉毛など、すべての毛をそり落とし、自分の衣服を洗い、からだに水を浴びます。そして、その人はきよくなるのである。


第3、八日目に三匹の子羊と穀物のささげ物としての小麦粉と油を会見の天幕に持って来る。これは、代償のささげ物、罪のきよめのささげ物、全焼のささげ物として献げるのである。そして、祭司が代償のささげ物の血を、きよめられる者の右の耳たぶと右手の親指と右足の親指に塗り、また油も同じようにすることである。そして、「その人はきよくなる」と宣言されている。


 たとえ貧しい人の場合でも、三匹の子羊のうち、代償のささげ物の一匹は同じように献げなければならないのである。ツァラアトからのきよめは、それほど重要なことだったのである。



 愛する天の父なる神さま。ツァラアトのきよめは、今の私たちにいうならば罪のきよめに値するものであることが示されました。罪はこのツァラアトのように私たちをむしばむが、主イエス・キリストの十字架の血潮によって完全にきよめられたのである。そのおかげで、私たちは、神との交わりをもたせていただいて感謝します。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comments


bottom of page