top of page
  • hccnichigo

2023年9月24日 レビ記10章

 祭司職の務めの直後に悲しい出来事が起こる。アロンの子ナダブとアビフは、主が彼らに命じたものではない異なる火を主の前に献げたので、彼らは主によって焼き尽くされて死んだ。何と哀れなことでしょうか。余談ではあるが、父であるアロンはどういう気持ちだったのかと思わされる箇所である。


 しかし、ナダブとアビフのとった行動は主の命令に逆らったことをしたのである。祭司としての最も大切なことは、主を敬う心、主に喜ばれる心、などを忠実に守ることなのに、彼らはいつしか自分の思いで動いてしまったのである。


 ナダブとアビブの問題は、祭司職というのをよく理解していなかったのでしょう。主に近づくことがどれほど大変なもので、いのちがけの職であるかということを。そして、モーセは主が語られたことをアロンに言ったのである。


「わたしに近くある者たちによって、わたしは自分が聖であることを示し、民全体に向けてわたしは自分の栄光を現す。」3節(抜粋)


 さらにモーセは、アロンとその子エルアザルとイタマルに語るのである。自分たちの身内が死んだことには泣き悲しんでいいが、髪の毛を乱したり衣を引き裂いたりしてはならないと。そして、祭司にとって大切なのは、自分の使命を忘れず、どんな時でも主のことばに従うということである、と語った。


 主にえらばれた祭司としての厳しい使命をみせられた思いである。

 愛する天の父なる神さま。いかなることも自分の判断で行動に走ることがありませんように。聖なるあなたにいつも祈ることができますように導いてください。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comments


bottom of page