top of page
  • hccnichigo

2023年9月16日 レビ記2章

 昨日からレビ記に入った。レビ記は神様をどのように礼拝したらいいかということが書かれている。その中で2章は、穀物のささげ物について語られている。穀物のささげ物は、通常全焼のささげ物に続いて献げられるもので、全焼のささげ物は罪の贖いのため、そして、この穀物のささげ物は神様への感謝を表す神様への贈り物だそうだ。

 

 穀物のささげ物は3種類で、

 ①小麦粉に油を注ぎ、乳香を添えたもの 

 ②小麦粉に油を混ぜてかまどで焼き、それを砕いて油を注いだもの 

 ③小麦粉に油を混ぜて平鍋で焼いたもの

     

 聖書の中で油は清めのために用いられた。聖霊を表すともいわれる。乳香も、イエス様がお生まれになった時に博士たちが贈り物として持ってきた、聖なる香油であり、祈りを象徴するといわれている。小麦粉にこの油を混ぜ、乳香を添えて献げるようにということは、聖霊の満たしと祈りをもってお献げするようにという意味があるのかなと思う。


 また、小麦に油を混ぜてかまどで焼いたパンを献げるときには、それを粉々に砕いて油を注いで祭司に持って行き、焼いてもらうようにと仰る。せっかく神様に献げるためにときれいに焼いたであろうパンをわざわざ砕くというのは、そこにある私たちのプライドを砕き、へりくだった気持ちでお献げするという意味があると解説書にあった。


 そして、すべての穀物のささげ物はパン種や蜜を少しも加えず、塩で味をつけなさいと神様は仰る。パン種も蜜も発酵を促すことから、罪や腐敗を象徴するものであり、塩は腐敗を防ぐために使われるものだった。


 この穀物のささげ物、神様への感謝の贈り物は、日々の生き方なのかなと思った。イエス様の十字架により私たちの罪が贖われ、神様との関係が回復され、神の子として神様との関係を生きるものにさせていただいた感謝と喜びの表現。その感謝を表す贈り物だから、神様が一番喜んでくださる形で献げたい。


「神へのいけにえは くだかれた霊」(詩編51:17)

 

 特に奉仕を献げさせていただくとき、私の自分勝手な思いは入ってないか?傲慢な気持ちが隠されていないか?自分本位な思いはないか?と祈りの中で自分と向き合い、自分と贈り物を聖霊様に聖めていただくことを神様は教えて下さっているのだなと思わされた。

 

  

 天のお父様、今日のみことばを感謝いたします。私があなたを礼拝するとき、賛美するとき、奉仕するとき、自分の心を罪が占めていないだろうか、聖霊様に満たされているだろうかと吟味することを忘れませんように。日々の生活の中でもみこころを求めていけますように。私の贈り物を神様が最高に喜んでくださいますように。イエス様の御名によってお祈りいたします。アーメン


閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comments


bottom of page