top of page
  • hccnichigo

2023年8月24日 出エジプト記27章

「会見の天幕の中で、さとしの板の前にある垂れ幕の外側で、アロンとその子らは、夕方から朝まで主の前にそのともしびを整える。これはイスラエルの子らが代々守るべき永遠の掟である。」-21節-


 27章は、祭壇の作り方について語られている。26章で幕屋を設営するときに語られたこと、「山で示された定めのとおりに幕屋を設営しなければならない。」30節(抜粋)が、27章8節でも語られている。「祭壇は、板で、中が空洞になるように作る。山であなたに示されたとおりに作らなければならない。」とても大切なことであったのです。幕屋に行くには祭壇を通ってしか入れなかったのである。


 このことは、クリスチャン生活のひな型だと言われているそうです。つまり、最初に祭壇で罪を処分しなければ幕屋に入れないということである。私たちもイエスさまを通して罪を聖めていただけなければ、父なる神の前に行くことができないということなのです。


 21節の御言葉に触れられた。特に、ともしびを夕方から朝まで絶えずともしておくこと、そして、イスラエルの子らが代々守るべき永遠の掟であるというところだ。どういうことかというと、これは、主の臨在を象徴的に示すためであったと言われている。主はどんな時でも、イスラエルの民の中におられるということである。主ご自身が選ばれた民をこれほどまでにも愛してくださっていることを忘れてはいけないということである。


 私たちクリスチャンもイエスさまによって、十字架の血潮で罪が赦されて、幕屋に入ることができたのである。聖なる主と一つにさせてもらったのである。



 愛する天の父よ、イエスさまの十字架の血潮によって罪が赦されあなたと一つにさせてもらうという契約を与えてくださって感謝します。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:35回

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Commentaires


bottom of page