top of page
  • hccnichigo

2023年8月16日 出エジプト記19章

 この19章は、神がシナイ山に降りて来られてモーセと会う様子が記されています。神は、モーセに十戒をはじめとして掟を授けます。それが31章まで続きます。

 この出来事は、いわゆる「シナイ契約」と呼ばれていて、19章から31章の内容は、その契約内容ということになります。31章では、神の指で書き記された石の板2枚が授けられました。このシナイ契約は、イスラエルの歴史の中でも特別に大切な出来事です。


 12節「山に登り、その境界に触れないように注意せよ。」

 21節「下って行って、民に警告せよ。彼らが見ようとして主の方に押し破って来て、多くの者が滅びることのないように。」

 24節「主のところに上ろうとして押し破ってはならない。」


 この「境界線」「押し破ってはならない」という言葉が心に止まりました。今も、神と人との間には境界線があります。超えてはならない一線というものがあります。それは「愛は、礼儀に反することをせず」(1コリント13章5節)とあるように、愛するからこそ、境界線を守るということです。それが「礼儀」なのだと思います。日本でも「親しき仲にも礼儀あり」と言いますね。

 神の愛に生かされているからこそ、神を畏れ、神の御前に自分の分というものをわきまえていきたと思います。


 境界線を超えるとき、必ず、そこにトラブルが起こってきます。自分自身を振り返るときに、神の働きをしながらも、同時に神の働きを妨げている時があります。主から「そこは、あなたがすることじゃないよ、わたしがすることだよ」と言われることがあります。

 境界線を押し破ることなく、自分の成すべきことをしていきたいと願います。


天の父なる神さま

 私は、しばしば境界線を押し破って、あなたの働きを邪魔してしまうことがあります。どうか、私が、自分の分に留まり、そこで成すべきことに集中できますように。あなたの働きを妨げることがありませんように、守り、導いてください。

 主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

 


閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comments


bottom of page