top of page
  • hccnichigo

2023年8月13日 出エジプト記16章

 主の大いなる御力を見た民は主を恐れ、主とモーセを信じて主に向かって主をほめたたえる歌を歌った。そして女たちはタンバリンをもって踊った。しかし、その感動も束の間のごとく、民の不平が始まったのである。


 15章では水が飲みたいと不平を言い、16章では食べ物(パンと肉)の不平をモーセとアロンに言った。主はイスラエルの民の不平を聞かれて、あわれまれて彼らにパンとウズラの卵を与えてくださったのです。ここで、もしイスラエルの民が神に自ら祈ったらきっとそれ以上のものが与えられたと思います。主は、きっと彼らの祈りを待っておられたことでしょう。


 主は、イスラエルの民に六日間、夕暮れには肉を与えられて朝にはパンがあたえられたのである。そして、自分の天幕にいるおおくの人数分集めた人にも余ることなく、少しだけ集めた人にも足りることはなく、各自が食べる分に応じて集めたのである。神の御配慮でしょうか。朝まで残してはならないとモーセの言うことを無視して一部を朝まで残しておいたら、それは虫がわき腐っていたのである。神の教えに聞き従わない者への戒めではないでしょうか。


 主が七日目に休まれる時もイスラエルの民に六日目に二日分のパンを与えて七日目には自分のところにとどまって、出てはならないと言われた。そのことを信じない民の中には集めに出て行ったが何もみつからなかったのである。このようなことにも従わない民がいたのです。それでも、神はこのような民を忍耐強く導かれるのである。


 主よ、あなたはいつもどんな時でも私たちを忍耐強く導いてくださることを感謝します。このような恵みをいただいているのに不平を言う自分がいます。そのような時はどうぞ示してください。あなたの恵みの中にとどまり続けていく生活ができますように助けてください。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comments


bottom of page