top of page
  • hccnichigo

2023年8月10日 出エジプト記13章

 12章で、主はついにイスラエルの民をエジプトの地から導き出されたことが述べられていた。そして13章は、主がイスラエルの民をエジプトから連れ出されたことの意義が書かれている。私たちもクリスチャンになる以前は出エジプトだったことを忘れてはならないこと、私たちへの意義でもある大切なところである。


「最初に胎を開くものはみな、主のものとして献げなければならない。」(13:12) 


 この聖句を読んで、幼い頃に親たちが初子が生まれた時にする大きなお祝いでの供え物、料理のことが脳裏に浮かんできた。四つ足の動物の料理だった。供えるところは、仏壇でそこにみんなが座して手をあわせて拝んだことがあった。偶像礼拝ではあるけれど、感謝して献げるというところは聖書からきたのではないだろうかと思わされた。


 種なしパン(イースト菌の入っていないもの)を食べることや、最初の初子は人間に限らず動物でも主に献げることなどについて、後になって息子にどういうことかと聞かれたら、(14節抜粋)「主が力強い御手によって、私たちを奴隷の家、エジプトから導き出された。」と言いなさいと述べられた。つまり、主のなされた出エジプトでの出来事を忘れてはいけないことの大切な儀式であるということです。


 モーセは、ヨセフが堅く誓わせていた自分の遺骸を忘れずに携えてカナンの地へと向かう、そして、主は、途上の民を導くために昼は暑さから守られる雲の柱を、夜は寒さを凌ぐ火の柱の中にいてくださって彼らの前を進まれたのである。主が民とともにおられ、見守っていてくださったのである。何と心強いことでしょうか。


 天の父なる神さま。あなたの御名をほめたたえます。出エジプトの出来事は、私たちクリスチャンが忘れてはいけないことです。イエスさまの贖いによって救われたことを覚えて、感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comments


bottom of page