top of page
  • hccnichigo

2023年7月20日 へブル人への手紙10章

「全き信仰をもって真心から神に近づく」

 10章では、古い契約と新しい契約の違いが赤裸々に述べられていることに目が止められた。


 古い契約は、年ごとに絶えず献げられる同じいけにえによって、人々を完全にすることはできない。そのようないけにえによって罪が思いだされるのだ。いけにえに使われた雄牛と雄やぎの血は罪を除くことができない。祭司が毎日立って礼拝の務めをなし、同じいけにえを繰り返し献げても、罪を除き去ることはできず、私たちを聖なるものとすることができないのです。


 しかし、新しい契約は、聖書の注解釈から詩編40編にあるように、神は、いけにえや穀物のささげ物や罪のきよめのささげ物を喜ばれず、お求めになりませんでした。キリストが自らただ一度だけ献げられたことにより、私たちは聖なるものとされたのです。私たちを罪から解放してくださったのである。さらに、17節では「わたしは、もはや彼らの罪と不法を思い起こさない」といわれるのです。イザヤ書43:25でも述べられています。私の好きな聖句のなかの一つで、洗礼を受ける決心をしたときに触れられた御言葉である。


 イエスの贖いのゆえに、17節の御言葉は完全な罪の赦しが述べられています。古い契約の時のような罪のきよめのささげ物はいらなくなり、イエスの血によって私たちは大胆に聖所に入ることができるのである。新しい生ける道を開いてくださったのである。感謝なことである。


 私たちは新しい契約のなかで生かされているのだから、著者が言われたように、全き信仰をもって真心から神に近づいていけるようになりたいです。


 祈り:愛する天の父なる神さま。私たちは御子イエスの贖いによって罪が赦され、大胆に聖所に入ることができる特権を与えてくださってありがとうございます。今も古い契約にとどまっているユダヤ人が一日も早く新しい契約に目をむけて、受け入れることができますように祈ります。私たちが約束のものを手に入れるために忍耐をもって、あなたのみこころを行っていくことができますように導いてください。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comments


bottom of page