top of page
  • HCCnichigo

2023年7月18日 ヘブル人への手紙8章

「よりすぐれた契約」

 

 ヘブル書は、特にユダヤ人クリスチャンに向けて語り続けています。彼らは今まで、律法を守る事を生活の一部として生きて来ていた信仰深い人々です。伝統を重んじ、割礼を受け、神殿こそ、この時代では無くなっていましたが、生け贄を捧げ、罪の赦しを乞う事が律法にかなった事だと信じながらも、異邦人クリスチャンと一緒に交じって主イエスを礼拝しています。その伝統的なユダヤ人が理解できるように、主イエスを拝むことは何を意味するのかを伝えているのです。


 キリスト教が自分達の地上の幸福をもたらす教えと信じる者は、やがて主を捨てます。キリスト教が、良い道徳、理想と思って入る人も、やがて主を捨ててゆきます。キリスト教は約束であって、実現ではありません。未来において、現れる神の恩恵の約束であって、今の世において、これを受けて楽しむことはできません。 


 ここで、混乱しているユダヤ人クリスチャン達に、モーセの律法、ユダヤ教とキリスト教の違いをハッキリと示して、旧約聖書の成就とは何なのかを知らせようとしています。    13節「神は、『新しい契約』と呼ぶことで、初めの契約を古いものとされました。年を経て古びたものは、すぐに消えて行くのです。」

10〜11節「これらの日の後に、わたしがイスラエルの家に結ぶ契約はこうである。ー主のことばーわたしは、わたしの律法を彼らの思いの中に置き、彼らの心にこれを書き記す。わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となる。」ここにある主のことばとは、エレミア書31章33節からの引用です。


 さて、ここの新しい契約とは何だろうかと、主イエスのみことばを思い起こします。

ルカ22章20節「食事の後、杯も同じようにして言われた。この杯は、あなたがたのために流される、わたしの血による、新しい契約です。」

続いて、コリント人への手紙第二3章6節「神は私たちに、新しい契約に仕える者となる資格を下さいました。文字に仕える者ではなく、御霊に仕える者となる資格です。文字は殺し、御霊は生かすからです。」


 そしてこの著者は、これは旧約聖書で預言されていた事であったとエレミア書31章やイザヤ書54章13節「あなたの子たちはみな、主によって教えられ、あなたの子たちには豊かな平安がある。」ことも引用しながら、私たち、クリスチャンは新しい契約、文字で書かれた律法ではなく聖霊に仕える者となったことを説明してくれるのです。


 主イエスは今までの罪をも持つ人間の、大祭司よりもすぐれた契約の仲介者として、天の幕屋で仕えておられる方となり、主イエスを信じる我々のために、ご自身の血を持って贖いの奉仕をされていると記しているのです。


祈り

教会での聖餐式の時は特に、主イエスの贖いの血によって私達の今までの罪は赦され、さらに天上にて、これから起こしてしまうであろう罪に至るまで、私達の弁護士であり、父なる神への仲介者として弁護してくださる主イエスに感謝いたします。アーメン

閲覧数:28回

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

bottom of page