top of page
  • hccnichigo

2023年7月16日 へブル人への手紙6章

 6章で、著者は私たちクリスチャンにかなり厳しく警告している。


 キリストの初歩の教えだけにとどまっていないで成熟を目指して進むこと、そして、天からの賜物、聖霊、神のみことば、来るべき世の力を味わった上で、堕落してしまう人たちはもう一度悔い改めに立ち返らせることはできない、と述べている。


 そこで思わされたことは、堕落してしまった人は、本当にどんなに悔い改めても立ち返ることができないのだろうか。神は愛のお方だから、真剣に悔い改めた心を神の前に出していけば赦されることではないのだろうか。


 ある解説者(The New Life Mission)によれば、真の福音を信じるようになってから裏切るならば、再び救われる道はありません。それが神のみこころなのです。神の愛はすぐれて偉大で完全なので、敵対する者に対する怒りもまた激しく冷酷なのです。


「ですから、わたしはあなたがたに言います。人はどんな罪も冒瀆も赦していただけますが、御霊に対する冒瀆は赦されません。」(マタイ12:31)


 自分の考えが何と浅はかなことであろうかと思い知らされた。そのような思いこそキリストの初歩の教えだけにとどまっているということなのだろう。成熟を目指して進むように努力していけるようになりたいということが示された。


 厳しい警告を語った著者は、10節では心が穏やかになることを語っている。


「神は不公平な方ではありませんから、あなたがたの働きや愛を忘れたりなさいません。」(10節抜粋)

 そのためにも、12節(抜粋)では、「怠け者とならずに、信仰と忍耐によって約束のものを受け継ぐ人たちに倣う者となることです。」と言っています。


 祈り

 愛する天の父なる神さま。今日のみことばを感謝します。成熟したクリスチャンになれるには、私にはまだまだ長い旅路です。その旅路でつまずき、倒れたりすることも多々ある弱い私ですが、そのような時でも、信仰と忍耐をもってあなたに祈ることができますように導いてください。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:44回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comentarios


bottom of page