top of page
  • hccnichigo

2023年7月13日 へブル人への手紙3章

 無名の著者が書いた3章は、イエスがモーセよりも偉大な方であることを示している。モーセは神の家全体の中で忠実であった。でも、イエスはこの家を建てた方に対して忠実であった。さらに、モーセは神の家の中でしもべとして忠実であった。だが、イエスは、御子として神の家を治めることに忠実であった。どちらが偉大かは明白である。


 神の家とは旧約聖書の時代では幕屋であり、神殿であり、神が住まわれるところという意味です。新約時代に生きる私たちには、私たちが神の家であること、そして、もし私たちが神に忠実であるなら神の家となると述べている。そのためには確信と希望による誇りを持ち続けなければならないのです。かつて神が住まわれたところを、私たちが神の家であると、何と光栄なことでしょうか。その名にふさわしく神に忠実でありたいです。


 聖霊は、私たちに大切なことを警告しています。今日、神の御声を聞くなら、イスラエルの民が四十年の間の荒野で神に反抗したように、心を頑なにしてはならない、信仰から離れてはいけない、日々互いに励まし合って罪に惑わされて頑なにならないように、今日という日が大事であると述べている。


 クリスチャン、みんなが望んでいる安息の地に入るには信仰から離れてはいけないことを強く指摘しています。著者は、私たちにイスラエルの民のようになってはいけないことを述べています。神の御声を聞いたら忠実に従っていくようにと心から訴えているのが伝わってくるようである。


 天の父なる神さま。御名をほめたたえます。信仰から離れていかないように、あなたの御声を聞いたら素直に従っていくことができますように導いてください。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。

アーメン


閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comentários


bottom of page