top of page
  • hccnichigo

2023年6月8日 創世記 22章

「アブラハムの信仰が試される時」


 アブラハムとサラに待望の息子イサクが与えられた喜びも束の間で、神は、アブラハムにイサクを全焼のささげ物として捧げなさいと命令されたのである。百歳で授かった愛する息子イサクを全焼のささげ物として捧げなければならなかったアブラハムの心中は如何ほどだったでしょうか? サラは知っていたのでしょうか?


 アブラハムはきっと苦しんだ後に、神に逆らえない、従う決意をしたのである。それは、神を選んだということである。彼は完璧な人ではなかったけど、神のことばには徹底的に従った人物だったのです。それゆえ、神はイサクを返してくださったのである。そればかりか、神は、18節で「あなたの子孫によって、地のすべての国々は祝福を受けるようになる。あなたが、わたしの声に聞き従ったからである。」と約束されたのである。アブラハムが「信仰の父」と言われるようになったことが示されている。


 ここで、父なる神も、ひとり子イエスが十字架で無残な姿で死んでいくのをごらんになられた御心境を、アブラハムも理解できたことでしょう。


 「主の山には備えがある」 22:14(抜粋)

神は、イサクの為に羊の供え物を用意してくださったのである。私たちの信仰生活においても主の山には備えありということを経験することが多々にある。実に感謝なことである。


祈り:

 天の父なる神さま。自分の愛する我が子を献げることは、今の私にはできません。でも、主の山には備えありのみことばを信じて捧げていけるように導いてください。感謝して主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

 

閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comments


bottom of page