top of page
  • hccnichigo

2023年6月30日 創世記 44章

 ヨセフ物語もいよいよ佳境に入って来ました。ヨセフは、兄弟たちの愛を試したかったのでしょう。

 ヨセフは、「ですから、どうか今、このしもべを、あの子の代わりに、あなた様の奴隷としてとどめ、あの子を兄弟たちと一緒に帰らせてください。」(33)というユダの言葉に、自分を制することが出来なくなり声を上げて泣いたと記されています(45:1)。

 イエスは、ユダ族から誕生しました(へブル7:14)。この時、ユダが「あの子の代わりに」と言い、弟ベニヤミンのために、父ヤコブのために、自分が身代わりになるという事は、やがて来られるメシヤであるイエスのお姿を示していると思われます。

イエスは、私たちが受けるべき罪の裁きを、身代わりとなって十字架で受けてくださったのです。


 また、視点を変えて兄弟たちの側になって考えてみると、神は、この兄弟たちにやり直しの機会を与えてくださっているのだと思います。以前は、妬みのあまりに弟ヨセフを奴隷として売り飛ばしました。しかし今は、弟ベニヤミンのために自分が身代わりになるというのです。

 彼らは、弟のヨセフに対して行ったことを後悔していました(42:21)。その過ちに対する罪悪感は、彼らの心の中に鉛のように重く存在し続けたのです。 

 しかし、神はまるで「上書き」するようにして、過去の過ちを書き直す機会を与えてくださったのです。


 ここで思うことは、神は、私の人生にも、何度も「上書き」の機会を与えてくださったということです。言ってしまったこと、やってしまったことは、消すことはできません。しかし神は、言い直し、やり直しの機会を与えてくださるのです。人生の物語を書き直させてくださったのです。

 ヨセフの物語を読むたびに、神の計画の深さ、確かさを想います。人間の過ち、悪でさえも良い事に変えてくださる神の憐れみと力を想います。神は、私の人生にも同じ恵みを注いでくださいました。心から主に感謝します。


 天の父なる神さま あなたの恵みと憐れみを感謝します。何度も何度もやり直す機会を与えてくだったことを感謝します。あなたは決して私を見捨てず、見放さない事を感謝します。

 どうか、あなたによって造られた新しい人生を、主と共に歩み続けることができますように、助け導いてください。

 主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン


閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comments


bottom of page