top of page
  • HCCnichigo

2023年6月11日 創世記 25章

 アブラハムは、サラを亡くして再び妻ケトラを迎えて6人の子どもを授かった。アブラハムは、自分の死後に混乱が起きない為に自分の全財産をイサクに与えて、イサク以外の他の子ども達にも贈り物をして彼らをイサクから遠くの地方に住ませた。アブラハムの子ども達を思う愛がここに示されているようです。

 そして、アブラハムは百七十五年の生涯をおくり、サラと同じ場所に葬られたのである。創世記15章15節で、主が述べられたように、「あなたは幸せな晩年を過ごして葬られる。」(抜粋)と主の約束が成就されたのである。そして、神は、アブラハムの死後、イサクを祝福された。

 イサクは、リベカと結婚したが、20年間子どもに恵まれなかった。イサクは、リベカのために必死になって祈った。その祈りが答えられて、リベカに双子の男の子が生まれた。兄は赤くて毛深いのでエサウと名づけられ、弟は兄のかかとをつかんでいたのでヤコブと名づけられた。二人は成長して、エサウはたくましい狩人、ヤコブは穏やかな牧羊者になっていた。

 父イサクはエサウを愛し、母リベカはヤコブを愛した。これは両親の偏った愛しかたである。子ども達に良い影響を与えるはずがない。

 ある知人が、幼い時に自分の目の前で祖母が兄におこづかいや、美味しいお菓子をあげて自分には何ももらえなかったとこぼしていた。その時から祖母が大嫌いになって、兄に対してもいつも対抗意識を持つようになったという。そういう偏った愛の行動というのは、人の心を傷つけてしまうのである。私たちにも起こりうることが多々あるのではないでしょうか。人を平等に愛することは簡単なようでむずかしいものである。

 エサウは、猟から帰ってきて腹ペコだったので、ヤコブが料理していたのを見て、煮物で神の祝福を受け継ぐ長子の権利をヤコブに売ったのである。

 へブル人への手紙12章16節、17

「また、だれも、一杯の食物と引き替えに自分の長子の権利を売ったエサウのように、淫らな者、俗悪な者にならないようにしなさい。」

「あなたがたが知っているとおり、彼は後になって祝福を受け継ぎたいと思ったのですが、退けられました。涙を流して求めても、彼には悔い改めの機会が残っていませんでした。」


祈り

愛する天の父なる神さま。他者を平等に愛することはたやすいことではありません。それでも、神の戒めである、「神を愛し、他者を愛する」ことを守り実践していくことができますように導いてください。感謝して主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン


閲覧数:26回

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

bottom of page