top of page
  • hccnichigo

2023年5月7日 テサロニケ人への手紙第二 3章

更新日:2023年5月7日

私パウロが自分の手であいさつを記します。これは、私のどの手紙にもあるしるしです。このように私は書くのです。」17節

 パウロは自分の手紙は口述筆記をさせて書かれたものであったが、このようにして、「自分の手であいさつを記します。」と書いたのは偽のパウロの手紙が出回っていたためだと言われている。

 どのようにパウロは書くのかというと、18節の御言葉である。このパウロの最期の挨拶は、主ご自身の恵みであり、クリスチャン生活の源とも言われている。

私たちの主イエス・キリストの恵みが、あなたがたすべてとともにありますように。」18節

 パウロの厳しい御言葉が示されている。「働きたくない者は食べるな」10節(抜粋)この御言葉は今でもよく使われている。言い方をかえると「働かざる者食うべからず」で、昔、学生時代にバイトをしていた頃に上司がランチで一緒になった時にいつも言っていたことばで、それを聞かされる度に食事が喉につまったことがあった。まさか、このテサロニケ人への手紙第二3章からでてきたこととは知らなかった。その上司も、私にいやみではなくて、真面目に働くことを告げたかったのでしょう。

 14節の「もし、この手紙に書いた私たちのことばに従わない者がいれば、そのような人には注意を払い、交際しないようにしなさい。その人が恥じ入るようになるためです。」そんな冷たいと思ったけれども、それは、その人が恥じ入って悔い改めるためであるということである。さらにパウロは、15節で「しかし、敵とは見なさないで、兄弟として諭しなさい。」と付け足してあるのである。つまり、敵としてでなく兄弟としての戒めであるということである。誰もその人をさばくことはできない、私たちができることはその人のために悔い改めへの祈りを神にささげることである。


祈り

天の父なる神さま。パウロの教えを感謝します。教会の兄弟姉妹達との主にあっての良い関係をもつことは、お互いを優しだけではなく時には突き放す厳しさを持ち続けていくことができますように。そして、そのことを通して、主にあって信仰の友としてお互いが成長していくことができますように助けて下さい。感謝して主イエス・キリストの御名によって、委ねて、祈ります。アーメン


閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comments


bottom of page