top of page
  • hccnichigo

2023年5月6日 テサロニケ人への手紙 第二 2章

『御口の息』


 私たちの日々の祈りや、教会に集って礼拝を捧げるということが、どれだけ密接に「終末」や「再臨」と結びついているかを黙想させてくれる2章だった。そして、テサロニケの人たちと同じように、今の私たちも「主の日は近い」患難の中にいる。

「私たちの主イエス・キリストの来臨と、私たちが主のみもとに集められることに関して」(1節抜粋)

「主のみもとに集められる」というのは、携挙の時だけを指しているのではなく、主を賛美するために教会に集うクリスチャンの営みをも含んでいると思う。

 ともに集まって礼拝を捧げる時、その中心に、イエスさまの臨在を感じる時、神の王国はすでに到来しているのだから。


 パウロは「主の日は近い」ことを、心を尽くして語ったけれど、テサロニケ教会の人々は、終末に関してのみ、異常な好奇心で詮索し、憶測や誤解が生じてしまった。

 それを正すためにパウロは、根気よく諭す。

 どんな患難があっても「主イエスは彼を御口の息をもって殺し」(8節抜粋)、と。イエスさまは「口のむちで地を打ち、唇の息で悪しき者を殺す。」(イザヤ11:4抜粋)お方。だから真実の御ことばだけを信頼して従っていこうと導く。そして何度も親愛を込めて呼びかけ、恵みの御業を伝える。

「しかし、主に愛されている兄弟たち。私たちはあなたがたのことについて、いつも神に感謝しなければなりません。神が、御霊による聖別と、真理に対する信仰によって、あなたがたを初穂として救いに選ばれたからです。そのため神は、私たちの福音によってあなたがたを召し、私たちの主イエス・キリストの栄光にあずからせてくださいました。」(13、14節)

 パウロが、テサロニケの兄弟たちが、御ことばを伝える宣教の召しに選ばれたということは、イエスさまの栄光にあずかること。それはものすごく深い恵みなのだと説いてくれる。

 これが使徒パウロの、命もいとわない宣教のキモだ。


 暗記して愛唱したいパウロのことばで祈ります。

「神を愛する人たち、すなわち、神のご計画にしたがって召された人たちのためには、すべてのことがともに働いて益となることを、私たちは知っています。」(ローマ8:28)

 苦難も、苦悩も、迫害も、飢えも、裸も、危険も、剣も、どんな患難もキリストの愛から引き離すことはないということを、私たちは知っています。私たちを愛してくださった方によって、私たちは圧倒的な勝利者であることを信じます。

 それを感謝して、イエスさまのお名前で祈ります。アーメン


閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comentarios


bottom of page