top of page
  • HCCnichigo

2023年5月4日 テサロニケ人への手紙第一 5章

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべてのことにおいて感謝しなさい。」

5:16~18(抜粋)


 テサロニケ人への手紙 第一の最後の章である。パウロがテサロニケ人への熱い教えが述べられている。上の聖句は誰にでも親しまれているもので、私もいつも口ずさむ大好きな聖句の一つである。苦しい時、悲しい時にどうしてそのような聖句を口にすることができるのですか、私にはできません、と、神さまに何度泣いて抗議したことだろうか。でも、勇気をだして声にだして祈ったら、その聖句はいつしか私の心に浸透していったのである。感謝である。


 最近召された尊敬する信仰の大先輩であられる、104歳の当真紀代子さんがいつも堂々として口にしておられた聖句である。ケアーホームに入られてから、たまに訪問して行くと大変喜ばれて、一緒に賛美して、祈って、このようないいところを与えられてすべてに感謝している、と笑顔で語られていた当真紀代子さんがとても懐かしく思う。当真紀代子さんの最期も、平安できれいなお顔をされておられて今にも目を開けてくださるような感じであった。「来てくれてありがとう。感謝します。」という声が伝わってくるようであった。イエスさまの再臨の時に会えることを楽しみにしている。


 パウロが12節~15節で語ったことは、ガラテヤ人への手紙5章22~23(抜粋)にある御霊の実そのものである。

「愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制」


 祈り

父なる神さま。イエスさまが私たちのために死んでくださったおかげで、私たちは、目を覚ましていても、眠っていても、あなたがともにいてくださり守っていてくださることを心から感謝します。あなたの愛は永遠のものです。どうぞこれからもあなたと共に歩き、いきることができますように導いてください。このようなあなたの慈しみ深き愛を、愛を知らない人々に伝えることができますように用いてください。感謝して主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン


閲覧数:27回

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

bottom of page