top of page
  • hccnichigo

2023年5月13日 テモテへの手紙第一 6章

『神の人よ』


「しかし、神の人よ。あなたはこれらのことを避け、義と敬虔と信仰、愛と忍耐と柔和を追い求めなさい。」(11節)

 牧会で苦労をしているテモテに対して、パウロは「神の人」と呼びかける。

 旧約では、モーセやエリヤ、その弟子のエリシャ、ダビデも「神の人」と呼ばれた。でも新約で「神の人」と呼ばれたのは、若きテモテ牧師だけだそうだ。テモテは禁欲的なのだろうか、水ばかり飲んでいたらしい。神経をすり減らして働くあまり、胃弱で病気がちでもあったらしい(5章23節)。

 そんな心身ともにへこみがちなテモテを、パウロは「神の人」と呼び、励まし、奮い立たせようとした。

「神の人」とはどのような人なのだろうか。消極的なホップ、積極的なステップ、もっと大胆なジャンプの三段階があるようだ。

 一段階めのホップとは、11節にこれらのことを避け」とあるように、避けること。「これらのこと」とは、前節までにある、「金銭を追い求める生活。また、ねたみ、争い、ののしり、邪推などの言い争い」で、それを避けよ、ということだ。

 悪に真正面から対峙するのは一見勇敢かもしれないけれど、深みにハマって悪循環になることもある。

 だから、避けることこそ賢明な勝利への道だとパウロは諭す。逃げるが勝ち、ダビデが「瞳のように私を守り 御翼の陰にかくまってください。」(詩17:8)と祈って逃げ、神さまに救われたように。

 二段階めのステップは、「義と敬虔と信仰、愛と忍耐と柔和を追い求め」ること。神さまとの関係の中で神さまをおそれ、正しく生きようとすることだ。

 ここまでだったら「神の子」としてよく理解しているし、日々実践しようともしている。ところが「神の子」から「神の人」にジャンプするには、12節を率先しなければならない。

「信仰の戦いを立派に戦い、永遠のいのちを獲得しなさい。」

 いのちがけの戦いをしなさいと説く。殉教をもいとわない戦い。そして永遠のいのちを得ようというのだ。このハードルは自力では到底無理、かなわない。


 私たちはイエスさまを信じて洗礼を受けた時に、救いの義認として永遠のいのちをすでにいただいている。でもそれはまだ完成していなくて、聖霊に助けられながら聖化の成長、旅路を歩んでいる。それが今、現在だ。

 やがてイエスさまが再臨する時、永遠のいのちは完成して、栄化へと至るー。

 これ、関牧師が土曜日に教えてくださっている、神学講座で学んだものです。


 神さま、関先生の牧会を感謝します。迫害を体験していない私ですが、私のまわりにはイエスさまに無関心な人が多くいます。どうか私が愛をあらわすことで、無関心な人がイエスさまに出会うチャンスが生まれますよう用いてください。聖霊さまの導きに従えるよう整えてください。イエスさまのお名前で感謝して祈ります。アーメン

閲覧数:61回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comments


bottom of page