top of page
  • HCCnichigo

2023年4月6日 ハバクク書3章

 3章は、神との対話によって確信を得たハバククによる神への賛美というかたちで終わる。17節から19節のみことばは、多くの人によって賛美されていると言われている。今は、召されたランディ本郷先生もここのところをご自身で作曲されて歌っておられた。とても心に響く曲である。


 「いちじくの木は花を咲かせず、ぶどうの木には実りがなく、オリーブの木も実がなく、畑は食物を生み出さない。羊は囲いから絶え、牛は牛舎にいなくなる。しかし、私は主にあって喜び踊り、わが救いの神にあって楽しもう。私の主、神は、私の力。私の足を雌鹿のようにし、私に高い所を歩ませる。」 3:17~19


 敵によって田畑が荒らされ、食物も家畜もなくしてしまうが、ハバククは主にあって喜び踊り、救いの神にあって楽しもうと叫ぶのである。それは、ハバククが苦難のなかにあっても、決して失望せずに神にすべてを委ねて待つという確信から賛美へと変わっていったのである。自分にとってはそのようなことはとうていできるはずがない。でも、失望せずに祈っていけるようになりたい。


 私達も日々、主が驚くみわざをなされることを祈り求め、確信し、待ち望み、喜ぶことによって信仰にいきることができるのではないだろうか。


祈り

愛する天の父なる神さま。あなたの御名を心からほめたたえます。今日も御言葉を感謝します。日々の生活の中でいろんな苦難のなかを通ることが多々にあります。そのような時に、いつも祈り求め、確信、待ち望み、喜ぶものとなっていくことができますように導いて下さい。感謝して主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン


閲覧数:50回

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

bottom of page