top of page
  • HCCnichigo

2023年4月29日 マラキ書 4章

『義の太陽』


 他の預言書と違い、マラキ書1章から3章までは、神と民との対話形式で記されている。でも対話が成立していない。神の語りかけに対して、民は逆質問するばかり。反抗的というか、開き直った感じなのである。神の愛への不信、唯一の神への不義、傲慢さ‥‥。神さまとの分断である。

 最後の4章で、それでもなお神さまは、悔い改めた者に対し、愛の手を差し伸べる。

「しかしあなたがた、わたしの名を恐れる者には、義の太陽が昇る。その翼に癒しがある。あなたがたは外に出て、牛舎の子牛のように跳ね回る。」(4:2)

 義の太陽とはイエスさまのことだ。ハレルヤ! そして、さらに約束してくださる。イエスさまの十字架が、分断を回復し、神さまと和解させてくださると。

「彼は、父の心を子に向けさせ、子の心をその父に向けさせる。」(4:6)

 旧約聖書は、アダムとエバが、「神である主の御顔を避けて、園の木の間に身を隠した」(創3:8)と、神さまの御顔を避ける罪から始まっている。

 新約聖書は、御国で「神のしもべたちは神に仕え、御顔を仰ぎ見る」(黙22:3、4)で結ばれている。

 御顔を避けるか、御顔を仰ぎ見るか。父の心を子に向けさせ、子の心を父に向けさせるというのは、神さまと自分が顔と顔を合わせることだ。顔を見つめて応答して交わるのだ。

 私たちは御顔を避ける、弱さを持っている。罪人としてのキズも持っている。それでも、そのありのままの弱さと罪深さのままで、御顔を仰ぎ見ると、神さまは愛だけで応えてくださる。私たち人間は、神さまに人格的に応答するよう創られているのだから。

 応答し、交わり、いつもイエスさまを見て、イエスさまと共にいることで、私たちはイエスさまの似姿になっていくことができる。

 それがクリスチャンの歩みだと、イエスさまは今も語ってくださっている。感謝します。

 今日で旧約聖書の黙想が終わります。ここまで導き、励ましてくださってありがとうございます。また新たな心で御ことばを聞くことができますよう、必要を満たしてください。

 イエスさまのお名前で感謝して祈ります。アーメン


追記:上記、2節の御ことばは「子牛のように」という賛美で、ほんとうに子牛が跳ねるように喜び歌われています。



閲覧数:116回

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

bottom of page