top of page
  • hccnichigo

2023年4月17日 ゼカリヤ書6章

『天の四方の風』 アイゾン直子


 ゼカリヤが見た幻についての記述は、今章で最後となります。それら幻は、当時諸外国からの迫害に恐れる民たちを励ましました。優先すべき神殿再建工事を中断していた彼らに対して、恐れないで神殿を建てよ、主は必ずイスラエルを守られる、とゼカリヤは励ましたのです。ゼカリヤが見た幻は全部で8つあり、彼はそれらを一晩で見たというのですから、驚きです。

 今章の幻は、4台の戦車でした。それら戦車にはそれぞれ色の異なる馬が描かれていましたが、それらの馬はゼカリヤ書第1章の、赤い馬に乗った人(1:8‐10)のところでも登場しています。ゼカリヤが最初に見た赤い馬や、その他の馬の意味について御使いは「これらは、地を行き巡るために主が遣わされた者たちだ」と答えています(1:10)。そして今章においても、戦車に繋がれた色の違う馬たちの意味について御使いは「これらは天の四方の風だ。全地の主の前に立った後に、出て行くことになる。そのうちの黒い馬は北の地へ出て行き、斑毛の馬は南の地へ出て行く」と答えています(6:1‐6)。   


 ゼカリヤが見た色の違う馬たちは「天の四方の風」と呼ばれています。風という表現は、ユダヤ人にとって非常に馴染みのある表現だそうです。詩篇にも「風をご自分の使いとし」(104:4)「みことばを行う激しい風よ」(148:8)という表現があるように、風は主のみ使いという意味があるそうです。主はこれらの馬に、主に代わって地を駆け巡ることを許されました。つまり、神の民を迫害する者たち全てに、神のさばきが下されるという預言がイスラエルの民に与えられたのです。

 ここでの風はさばきを意味していますが、私は風というと、主の風を思いました。嵐のような窓ガラスやドアを突き破ってでも入ろうとする風ではなく、開けた窓から入って来る肌に心地よい風です。「天の四方の風」とは、解釈的にはさばきの風ですが、私は主の愛の風を想像しました。そしてそれを届ける者になりたいと思いました。みことばが、さばきの風ではなく、心地よい風となって多くの人に届くよう祈り、また、行動する者でありたいと思いました。


 祈り:愛する天のお父さま。福音の風がすべての人の心に届きますように。イエスさまの香りを届ける柔らかい風となれますように。さばきの風ではなく、愛の風を届ける者となれますように。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン


閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

ความคิดเห็น


bottom of page