top of page
  • hccnichigo

2023年4月1日 ディボーション

ナホム書 1章


『ねたみ、復讐する神』


 長くユダを苦しめていたアッシリアの首都、ニエべを陥落させる神のさばきの預言書だ。

「主はねたんで復讐する神。」(2節)

 一見ヒールに感じ、愛の神さまからはほど遠い、と感じるほどに強烈なことばで始まるナホム書だ。

 だけど、「ねたむ」は神の激しい熱愛を表すことばだ。

「わたしは、エルサレムとシオンをねたむほど激しく愛した。」(ゼカリヤ1;14)

 神さまは、愛する者が虐げられたり、たぶらかされたりしていることに対して、燃えるような怒りを表す。神さまの怒りは敵の悪によって引き出される、相対的なもの。そして神さまは、

「怒るのに遅く、力強い方。」(3節抜粋)

 ただし、悪に対して復讐せずにはおかない方だ。神さまの復讐は、私たちが持つ怨み辛みなどを動機とはしておらず、あくまで義のゆえ。

 さばきのない救いがないように、復讐なき慰めもない、ということなのだろう。

「主はいつくしみ深く、苦難の日の砦。」(7節抜粋)

 神さまはすべての者を常にいつくしみ深く接し、私たちの砦となり、守ってくださる方。だから、パウロはこう語る。(ローマ12:19)

「愛する者たちで自分で復讐してはいけません。神の怒りにゆだねなさい。こう書かれているからです。「復讐はわたしのもの。わたしが報復する。」主はそう言われます。」


 後半はユダに対する慰めと祝福のことば。

「ユダよ、あなたの祭りを祝い、あなたの誓願を果たせ。」(15節抜粋)

 新たな始まり、喜びの響きを感じる。新たな始まりは、神さまとの出会いなくしては始まらない。

 神さま、神さまとの出会いを大切に、いつも応答できますように。

「だれに対しても悪に悪を返さず、すべての人が良いと思うことを心がけなさい。」(ローマ12:17)イエスさまのお名前で感謝して、みことばで祈ります。アーメン

閲覧数:51回

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comments


bottom of page