top of page
  • hccnichigo

2023年3月30日 ディボーション

コロサイ人への手紙 3章


 パウロは、コロサイ書のこの3章で私達のクリスチャン生活の原則を述べている。

特に心に示された聖句をここに述べたいと思います。

「上にあるものを思いなさい。地にあるものを思ってはなりません。」 -2節-

 私達のいのちは今でもキリストとともにあるゆえに、地上のものを思ってはならないということである。なぜなら、私達はキリストとともに死んでよみがえったからである。


「キリストのことばが、あなたがたのうちに豊かに住むようにしなさい。知恵を尽くして互いに教え、忠告し合い、詩と賛美と霊の歌により、感謝をもって心から神に向かって歌いなさい。」 -16節- 御言葉がうちに宿ると神への感謝に変わる。そして、神への感謝は賛美に変わるのである。イエスさまが私達の罪のために十字架に架かって死んでくださったという感謝である。そのことを思うとき、いつでも心の底から感謝の気持ちで思いっきり主に向かって賛美したくなるのである。


「何をするにも、人に対してではなく、主に対してするように、心から行いなさい。」

-23節- この聖句は、私達の生活のすべてに言えることではないだろうか。どんなときにも、今、自分がしていることは主に対してしているんだということを思えば、それが感謝へとつながって、やがては聖霊が働いてくださるのである。


「ご機嫌取りのような、うわべだけの仕え方ではなく、キリストのしもべとして心から神のみこころを行い、」 -エペソ人への手紙6節- 

「人にではなく主に仕えるように、喜んで仕えなさい。」 -エペソ人への手紙7節-


祈り

愛する天の父なる神さま。今日のみことばを心から感謝します。私達はどんな時でも人に対してではなく、主に対して行っているということを心に持ち続けていくことができますように導いてください。感謝して、委ねて、主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン


閲覧数:42回

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comments


bottom of page