top of page
  • hccnichigo

2023年3月23日 ディボーション

エペソ人への手紙6章


 この世は戦いばかりだ。欲や悪魔の誘いに負けない戦い。学校や仕事では、常に競争させられる 。

アメリカでの飲酒エイジは21歳からとなっている。日本では20歳から。ハワイに旅行中に20歳になったので、飲酒したいというお客様が数年前たくさんいた。こちらでは21歳からですというとすごいがっかりされて怒り出した。米国内でもハワイ州のリカー・ロー(飲酒取扱法)は厳しく、万が一、21歳未満にアルコール品を提供してしまうと営業停止になることもある。

 つい最近私の職場に、ある男性がマスクなしで入ってこられた。リーダーが「うちではまだマスクが必須というポリシーです」とマスクを差し出すと、「もうどこでも必要ないのに」と英語でまくしたてた。リーダーは「俺が作ったポリシーじゃない」と呟いてしまい、その方の怒り倍増。言い方には気をつけなくちゃ、と思った一瞬でした。ポリシーという名の律法を押し付けると怒る方がなんと多いことか?

 旧約聖書時代は律法から外れたことをすると罰が下る。新約聖書時代に生きる私たちはキリストの十字架により、罪赦された、恵みが一方的に与えられている。なんとラッキーなことでしょう。

 エペソ人への手紙を読むと律法主義ではなく、与えられている神の恵みに対する務めが書いてある。

 さて前置きが長かったが、本日のエペソ人への手紙6章。中心聖句と思われる18節、

「すべての祈りと願いを用いて、どんな時も御霊によって祈りなさい。そのためには絶えず目をさましていて、すべての聖徒の為に忍耐の限りを尽くし、また祈りなさい。」

 14節から17節まではこの世の律法主義や悪魔の誘惑とどう武装して戦うべきかが書いてある。腰に真理の帯、正義の胸当て、平和の福音を伝えるために直ちに出発できる丈夫な靴、信仰の盾、救いのかぶと、御霊の下さる剣つまり聖句である。

 これらを絵にするとわかりやすいかも。このような戦いの中で最も効果があるものがお祈りだそうです。御霊により心を尽くして祈りましょう。



インマヌエル中目黒教会から引用


祈り:愛する天の父なる神様、この世は戦いだらけです。そんなこの世に生かされている私たち人間は弱い者です。つい誘惑に誘われて悪魔についていきそうです。どうやったら、そんな弱い心を強められるのか御言葉を通して教えて下さり感謝です。私がすべての武装をできるとは到底思えませんが、一つずつまた一日一日、一歩ずつ心を尽くし祈ります。どうか聖霊様を充満させ私たちが迷わないように強めて下さい。尊い主、イエスキリストの御名により祈ります。アーメン

閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comentarios


bottom of page