top of page
  • hccnichigo

2023年3月21日 ディボーション

エペソ人への手紙4章


「聖霊の認証」


 この頃の携帯電話やパソコンには、顔の認証や指紋の認証で本人確認をする。若い人には当たり前なんでしょうが、先日、イスラエルのお土産の店で、VISAの携帯電話での支払いで初めて使ってみました。携帯電話にVISAカード情報を入れておいて、お店での支払いに顔認証で支払いが簡単に処理された。全く財布を持たずに買い物とは便利な世の中になったものです。

 果たして私達クリスチャンの認証とは何なのだろうか?この章にある聖霊の認証とは、謙遜、柔和、寛容、愛、平和とある。

2〜3節「謙遜と柔和の限りを尽くし、寛容を示し、愛をもって互いに耐え忍び、平和の絆で結ばれて、御霊による一致を熱心に保ちなさい。」 


 エルサレムの神殿の中では、いくつかの容器、例えば皿、鉢や瓶でこれらは神への礼拝ために使われる、その目的のために聖なる器となる。もちろん器、そのもの自身が聖なる物ではないが、聖なる神のために使われるので、家庭の容器とは異なる存在となる。ですから私たちクリスチャンも、聖なる神のために使われるときに聖となる器になるのだ。クリスチャン一人一人に聖なる認証が押されていて、それは石に書かれていた律法ではなく、心に刻まれている聖霊による認証なのだ。自分自身では欠けていても、主イエスの持っておられる謙遜、柔和、寛容、愛、平和、この御性質が、聖なる神のために使われるように、欠けている私達にも、聖霊を通じて欠け目を塞ぐように分けて下さったものと理解している。

 この認証を頂いているかどうか、実証するのは私達が自分自身の罪を赦され、良心の呵責から解放されただけで無く、傷つけられた他人をも赦す事が出来るならば、聖なる認証を受けていると確信します。そうして皆で主を賛美する時に、心から一致する事が出来るのではないでしょうか?


 東京の中野区に哲学公園があって噴水を囲むように銅像が円状に並ぶ、お釈迦様の隣に、イエス・キリストの像があり、アブラハムが平身低頭している像、古代エジプト王イクナトーンもあって、それぞれが信じる者を大事にする「和」が強調されている公園だ。しかし人と人との表面的な和を強調するあまり、かえって日本の社会の現実は、夫婦の仲が裂かれ、家庭内の断絶、学校でのいじめや会社内での不和に繋がっていて、本当の和の一致を見ることが出来なくなっているのではないだろうか? お互いに干渉し合わない事が、相手を尊重する事にはならない、本物の「和」には繋がらない。


 エペソ教会に対して、主イエスを目指すところの一致を指し示す16節「キリストによって、からだ全体は、あらゆる節々を支えとして組み合わされ、つなぎ合わされ、それぞれの部分がその分に応じて働くことにより成長して、愛のうちに建てられることになります。」

 今あらゆる教会で、主イエスによってひとつになっているかどうかが問われています。

 我々自身の努力では出来ませんが、主イエスの謙遜、柔和、寛容、愛、平和を目指して歩む時に、聖とされ、異なる賜物の人々が一致できるようになると明記されているのです。


 ナザレ村の聖マリア召命教会を訪ねた時に、大勢のクリスチャン、多国籍、民族も異なる人々がおりました。立ち並んでいる時に、突然我々の後ろに並んでいた20人ほどの若い神父さん達が賛美を始めたのです。十字架の勝利という賛美をスペイン語で歌っているのでしたが、この教会に居た全ての人々は、主にあっての一致、言語ではなく、主を求めて賛美する中にひとつの想いになる事が出来たのです。表面的に人と人の和を大事にすることでは、心の一致を果たす事は出来ません。真理はひとつ、主はひとつ、信仰はひとつなのだと記されています。


祈り

主よ、あなたがおられたエルサレムで賛美による一致を体験できた事に心から感謝致します。どうか神のための器として、我々が清められて使われますように、聖霊による導きを心から願います。アーメン



閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Commentaires


bottom of page