top of page
  • hccnichigo

2023年3月11日 ディボーション

ミカ書 7章


『震災の日』


 東日本大震災のあの時、私は東京の高層ビルの最上階で撮影の仕事をしていた。エレベーターが停まり、高層ビルならではの揺れの余韻が長く続く中、暗い階段を降りながら、もう夫に会えないのではないかと不安になった。

 夫はその5ヶ月前、癌の手術で食道の全てと胃の1/2を切除した。みるみる痩せて体力が落ちたので、温かいハワイで療養しようと、ノースショアに家を借りて住んでいた。

 ビルの外に出ると、頭上の電線が余震でぐわんぐわんと揺れていた。

 最寄りの駅に向かう途中、ビルの中のテレビが、東北への津波の襲来を伝えていた。地震と津波が、夫の癌の先にある死別を私に突きつけた。

 ここまで書いて思い出した。私は去年のディボーションでも同じことを書いている。でも今年は、心を寄せたい友のことを思いながら黙想している。震災で実際に津波で家を流されたチャーチの姉妹だ。


 7章1節。「ああ、なんと悲しいことだ。」とミカは失望する。でも7節で、「しかし、私は主を仰ぎ見、私の救いの神を待ち望む。私の神は私の言うことを聞いてくださる。」と、主により頼む。” ああ ”と感嘆詞で嘆き、” しかし ”と強い接続詞で神さまを見上げる。すると希望が確信できる。

 イエスさまは答えてくださる。

「ですから、あなたがたに言います。あなたがたが祈り求めるものは何でも、すでに得たと信じなさい。そうすれば、そのとおりになります。」(マルコ11:24)

 恵みの先取りの祈りだ。

 被災した友も、夫を失った私も絶望を経験した。だけどそのおかげでイエスさまに出逢い、キリスト者になることができた。

「神を愛する人たち、すなわち、神のご計画にしたがって召された人たちのためには、すべてのことがともに働いて益となることを、私たちは知っています。」(ローマ8:28)

 イエスさまのお名前で感謝して祈ります。アーメン

閲覧数:68回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comments


bottom of page