top of page
  • hccnichigo

2023年3月10日 ディボーション

ミカ書 6章


 ミカ書6章8節の御言葉が心に留まる。

「主はあなたに告げられた。人よ、何が良いことなのか、主があなたに何を求めておられるのかを。それは、ただ公正を行い、誠実を愛し、へりくだって、あなたの神とともに歩むことではないか。」

 

 幾千、幾万の犠牲の動物を捧げても、自分の長子を生贄にしても、そこに正義と愛と謙遜がなければ無意味である(6、7節)。

 主は、私たちに何を求めているのだろうか。何が本当に良いことなのだろうか。確かに犠牲の捧げものについては、律法に記されている。それ自体は神の要求することだ。しかし、犠牲を捧げるという儀式を忠実に守りながらも、そこに不正があり、神を裏切り(偶像礼拝)、高慢があるなら、その犠牲の捧げものには何の価値もない。ただの建前の宗教儀式に過ぎない。ましてや、その宗教儀式が不正の温床となり、神への愛など全くなく、むしろ人を高慢にさせるなら、それは害でしかない。

 

 私たちの礼拝、ディボーション、奉仕、交わり、宣教が、それら自体は良いものであっても、そこに愛と正義と謙遜があるだろうか。それらがただの形式だけの宗教儀式に成り下がってはいないだろうか。

 私たちの礼拝には、形式がある。しかし、その形の中身にはいのちが溢れているだろうか。ただの形だけの礼拝であるなら、それは悲しいことだ。

 幸いに、私は毎週の礼拝に、聖霊の臨在と働きを見る。ただの形式だけの礼拝ではない。主への愛といのちにあふれた真実な礼拝が捧げられている。それは、集っている礼拝者一人一人が、真の礼拝者であるからだ。

  

 私たちの信仰生活にとって、形式化、宗教化の危険性は常にある。だからこそ、本当に主が求めていることは何なのか、何が本当に大事なことなのか、その主の御心をキャッチ出来る者でありたい。物事の本質を見抜く霊的感性を養っていきたい。 

 そのためには、絶えず、天の父との人格的な交わりの中に身を置いていきたいと思わされる。

 

 天の父なる神さま。あなたが何を求めているのかを悟ることが出来るように、私たちの霊的感性を養ってください。

 信仰の形式化、宗教化から私たちを守ってください。いつもいのちに溢れた礼拝を捧げることができますように。建前ではなく、本音であなたを交わることができますように。

 そして、正義と愛と謙遜を身に着けて、あなたと共に歩む者でありますように。聖霊が私たちを助け、導いてください。

 主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comments


bottom of page