top of page
  • hccnichigo

2023年3月1日 ディボーション

ヨナ書1章


“You Cannot Run Away from God”

 

 ヨナを読むとき、誰もが巨大なクジラに飲み込まれ、奇跡的に助かるというおとぎ話「ピノキオ」を思い浮かべずにはいられません。しかし、ピノキオではなく、ヨナは北イスラエルで預言した実在の預言者です(2列王14:25)。

 第1章は、ヨナが神からアッシリアの首都ニネベに行き、彼らに対する裁きを宣言するようにとの預言を受けるところから始まります(1-2節)。しかし、ヨナは神に従う代わりに、逆の方向に出発することにした(3節)。ヨナは東のニネベ(現在のイラク)に行くのではなく、西のタルシシュ(地中海の反対側、現在のスペイン)に行くために船に乗ったのです(3節)。つまり、ヨナは、神が望んでいた場所よりもさらに遠い場所に逃げようとしたのです。

 次に起こったことは、神が嵐を送り、ヨナの乗っていた船と乗組員を脅かしたということです(4節)。ヨナが船底で眠っている間に、船の乗組員は積荷を投げ出し、嵐の原因を探るためにくじを引きました。自分が原因であることを知ったヨナは、自分が神から逃げているヘブライ人の預言者であることを明かし、乗組員に自分を海に投げ捨てるように指示したのです。しぶしぶ、熟考の末、乗組員はヨナを海に投げ捨てると、嵐は止みました。そして、1章は、神が大きな魚を遣わしてヨハンを3日3晩飲み込ませたところで終わっています(17節)。

 

 神は、私たち全員に人生の目的を与えてくださっています。神は、私たち一人ひとりに完璧な計画をお持ちです。しかし、その計画通りに人生を送りたいかどうかを選択する自由意志も与えてくださったのです。

 この暗い世界では、人生の目的はお金をたくさん稼ぐことであり、お金や物をたくさん持っている人が最も幸せであると教えられています。この間違った信念が、物質主義的で自己中心的な社会を作り、結婚の50%以上が離婚し、両親のいない子どもたちが何世代にもわたって育っていくことにつながっています。

 嵐の中で翻弄される船と乗組員のように、今日の社会もまた、神と正反対のことを行っているからです。イエスはマタイ6章24節で、お金と神について、一方を愛し、他方を憎まなければならないと、この真理を明らかにされています。私の知人は以前、こう言いました。「私は神を第一に愛し、お金は第二に愛しています。」この人は自分を騙しているだけで、そんなことはあり得ないのです。この人は、お金への愛と神への憎しみが、その欺瞞に満ちた生き方にはっきりと表れていたのです。

 神は、私たちがお金ではなく、神を追い求めることを望んでおられます。私たちの究極の幸せは、他の何ものでもなく、神とともにあるのです。究極の充足と幸福への道は、自分の利己的な野心ではなく、神の意志を追い求めることなのです。神から逃れることはできません。しかし、私たちは決して神を誤解しないように注意しなければなりません。神がこれほどまでに執拗に私たちを追い求めるのは、神が私たちをとても愛しているからなのです。

 

最後に、詩篇139篇の前半を読んでみましょう。

 

「主よ あなたは私を探り 知っておられます。

 あなたは 私の座るのも立つのも知っておられ

 遠くから私の思いを読み取られます。

 あなたは私が歩くのも伏すのも見守り

 私の道のすべてを知り抜いておられます。

 ことばが私の舌にのぼる前に なんと主よ

 あなたはそのすべてを知っておられます。

 あなたは前からうしろから私を取り囲み

 御手を私の上に置かれました。

 そのような知識は私にとって

 あまりにも不思議

 あまりにも高くて 及びもつきません。

 

 私はどこへ行けるでしょう。

 あなたの御霊から離れて。

 どこへ逃れられるでしょう。

 あなたの御前を離れて。

 たとえ 私が天に上っても

 そこにあなたはおられ

 私がよみに床を設けても

 そこにあなたはおられます。

 私が暁の翼を駆って

 海の果てに住んでも

 そこでも あなたの御手が私を導き

 あなたの右の手が私を捕らえます。

 たとえ私が 「おお闇よ 私をおおえ。

 私の周りの光よ 夜となれ」と言っても

 あなたにとっては 闇も暗くなく

 夜は昼のように明るいのです。

 暗闇も光も同じことです。」

    [詩篇 139:1-12, 新改訳2017]

 

 

 父なる神さま、今日の御言葉をありがとうございます。あなたは宇宙の創造主であり、私たち一人一人の創造主です。あなたが私たちを創られたので、あなたは私たちにとって何が一番良いかを知っています。あなたの御心のままに生きる人生だけが、私たちに平安と満足と充足をもたらすのです。

 父なる神さま、私たちの人生に対するあなたの意志を知るために、私たちが目と耳を開いていることができるようにしてください。そして、父なる神さま、私たちをあなたから遠ざけるあらゆるこの世の誘惑から私たちを守ってください。あなたはいつも私たちと共にいて、あなたの愛から逃れることはできないことを私たちは知っています。そして、私たちを決して捨てず、見捨てないと約束してくださったあなたの御子イエスを信じていきます。

 父なる神さま、ありがとうございます。私たちはあなたを愛しています、お父さん。In Jesus’ Name we pray, amen.

 

 

When reading Jonah, one cannot help but think of the fairy tale Pinocchio where everyone is swallowed up by a giant whale and miraculously survives. But Pinocchio, Jonah was an actual prophet that prophesized from Northern Israel (2 Kings 14:25). Chapter one begins with Jonah receiving a prophecy from God telling him to go to Nineveh, the capital of Assyria, to proclaim judgment over them (v.1-2). However, instead of obeying God, Jonah decided to set out in the opposite direction (v.3). Instead of going to Nineveh, somewhere in modern-day Iraq, which required traveling about 500 miles towards the East over land, Jonah traveled towards the West and hopped in a boat with the intent of going to Tarshish which was over 2,500 miles away in modern-day Spain on the exact opposite side of the Mediterranean Sea (v.3). In other words, Johan attempted to go to escape to a place which was the furthers possible of where God wanted him to go. What happened next is that God sent a storm that threatened the ship and crew that Johan was on (v.4). While Johan was sleeping below, the ship's crew threw out their cargo and cast lots to figure out the cause of the storm. Finding out that Johan was the cause, Jonah revealed that he was a Hebrew prophet running away from God and instructed the crew to throw him overboard. Reluctantly, after a lot of contemplation, the crew threw Jonah overboard, and the storm stopped. Chapter one closes with God sending a great fish to swallow Johan for three days and three nights (v.17). 

 

God gave all of us a purpose in life. God has a perfect plan for each and every one of us. But he also gave us free will to choose whether or not we want to live our lives according to His plan. This dark world teaches us that the purpose of life is to make as much money as we can; the person with the most money and material possessions is the happiest. This false belief has contributed to building a materialistic, self-centered society where over 50% of marriages result in divorce, and many generations of children grow up without both parents. Like ship and crew tossed around in the storm, today’s society is the same because it perused the exact opposite of God. Jesus reveals this truth in Matthew 6:24; in regard to money and God, you must love one and hate the other. A person I know once told me: “I love God first and money second.” This person was just fooling himself because it is not possible. This person’s love for money and hatred towards God was very clear in his deceitful lifestyle. God wants us to pursue Him, not money. Our ultimate happiness is with God, not anything else. The way to ultimate fulfillment and happiness is by pursuing God’s will, not our own selfish ambition. There is no escaping from God. But we must be careful never to misunderstand God. The reason why He pursues us so relentlessly is that He loves us so much!

 

Before closing, let us read the first half of Psalm 139.  “O Lord, you have searched me and known me! You know when I sit down and when I rise up; you discern my thoughts from afar. You search out my path and my lying down and are acquainted with all my ways. Even before a word is on my tongue, behold, O Lord, you know it altogether. You hem me in, behind and before, and lay your hand upon me. Such knowledge is too wonderful for me; it is high; I cannot attain it. Where shall I go from your Spirit? Or where shall I flee from your presence? If I ascend to heaven, you are there! If I make my bed in Sheol, you are there! If I take the wings of the morning and dwell in the uttermost parts of the sea, even there your hand shall lead me, and your right hand shall hold me. If I say, “Surely the darkness shall cover me, and the light about me be night,” even the darkness is not dark to you; the night is bright as the day, for darkness is as light with you” (Psalm 139:1-12, ESV). 

 

Thank You, Father, for today’s Word. You are the Creator of the Universe and the Creator of each and every one of us. Because You created us, You know what is best for us. It is only a life lived within Your will that will bring us peace, satisfaction, and fulfillment. Father, please help us to keep our eyes and ears open to know Your will for our lives. And Father, please protect us from all the worldly temptations that lead us away from You. We know that You are always with us, and there is no escaping from Your love. We will also trust in Your Son Jesus, who promised to never leave us nor forsake us ever. Thank You, Father. We love You, Father. In Jesus’ Name we pray, amen.

閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comentarios


bottom of page