top of page
  • hccnichigo

2023年12月7日 ヨハネの黙示録13章

 13章は12章の続きで、地上に落とされたサタンが聖徒たちを苦しめる様子が描かれている。 


 海から上がって来た獣とは、当時のローマ帝国の象徴だと考えられている。この獣に権威を与えたのは竜、すなわちサタンであった。この獣は7つの頭と10本の角と10の冠は支配権を持っていることを表している。又、ひょう、熊、獅子に体の一部が例えられているが、これは当時のバビロン、ペルシャ、ギリシャなどの古代の世界的国家権力を示していると言われている。竜であるサタンがこの国家権力に力を与えたのである。


 獣は致命傷から回復した後に、自分の武力を誇って傲慢なことを言っていた。彼は神に反抗して聖徒たちに戦いをいどみ、彼らに打ち勝ったのである。子羊のいのちの書に名が記されていない者はみな、彼を拝むようになったのである。しかし、彼の活動期間は四十二か月間に限定されていて、神の手の中で全てが進むことを忘れてはならないということである。聖徒たちの迫害が激しさを増したが、こんな時こそ忍耐と信仰が必要であると述べています。


 獣に服従する者たちにのみ刻印を受けさせ、刻印のない者は、買うことも売ることもできないようにしたというのである。この刻印である「六百六十六」という数字は人間、非クリスチャン、当時の残虐な皇帝ネロ、などを指しているという意見もあるそうです。ちなみに「749」はへブル語でイエスさまを表しているそうです。


 私たちクリスチャンは、キリストのものとされたという証印と、ともに歩んでくださっている聖霊の証印があるゆえに、すべての患難から守られることを忘れてはならないのです。 感謝です。


 愛する天の父なる神さま。サタンがどんなに攻撃してきても私たちクリスチャンはキリストの十字架の血潮によって勝利者であることを忘れずに歩むことができますように導いてください。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comments


bottom of page