top of page
  • HCCnichigo

2023年12月25日 申命記9章

『主の恵みに感謝する』 


 メリークリスマス!御子イエスのご降誕を心よりお祝いいたします。クリスマスの楽しみ方はそれぞれあると思いますが、一番盛り上がるのはやはりクリスマスギフトを開ける時ではないでしょうか。特に幼い子供がいる家庭では子供たちの喜ぶ姿を見ているだけで幸せな気持ちになります。そんな幸せなクリスマスの日ですが、クリスチャンにとっては千年王国や永遠の御国への時が迫っていることを示しています。町はホリデームードですが、私たちクリスチャンは地に足を付けて、御子誕生の意味を深く味わう日でありたいと思います。


 モーセはカナンの地を前に、約束の地の所有にしても、また種々の戦いにおける勝利にしても、自分たちが正しいからなどと思い上がってはいけないと警告します。モーセは、約束の地での彼らの生活を案じ、彼らが謙遜を忘れて傲慢にならないよう、過去の出来事を語り告げます。


 金の子牛(出32)タブエラ(民11:1‐3)マサ(出17:1‐7)キブロテ・ハ・タアワ(民11:31‐34)そしてカデシュ・バルネア(民13:31‐33)など、特に金の子牛とカデシュ・バルネアの事件では、イスラエル民族が根絶やしにされてしまうところでした。しかし、モーセの執り成しのゆえに主は思い直してくださいました。


 イスラエルはエジプトを出て以降、常に主の守りの中に置かれていたにもかかわらず、不信仰を繰り返しました。その歴史を忘れてはならないのです。自分たちが罪人であったことを常に認めているなら、傲慢になる余地などないのだと思います。


 クリスマスは御子イエスの誕生を祝う日です。それは恵みの時代の幕開けであり、同時に、終末時代への序章です。御子は全人類の罪を背負うために生まれて来ました。そして最も卑しい十字架にかかり、私たちの罪のために自らを献げてくださいました。このこと以外に、誇るものは何もないことを覚えたいと思います。


祈り:愛する天のお父さま。あなたの御名が全世界であがめられますように。あなたのひとり子が与えられたことを心より感謝いたします。謙遜を忘れて傲慢になることがないよう、みことばによって支え、守ってください。メリー・クリスマス。主の御名がとこしえに褒めたたえられますように。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン


文:アイゾン直子


閲覧数:29回

最新記事

すべて表示

2024年1月19日 申命記34章

『約束の地を見て』 神様が言われたことが成就するように、モーセは、約束の地を遠く丘の上から眺めることが出来ましたが、その地に到着することは出来ませんでした。 主は、「わたしがアブラハム、イサク、ヤコブに『あなたの子孫に与える』と誓った地はこれである。わたしはこれをあなたの目に見せたが、あなたがそこへ渡って行くことはできない。」(4節)と言われた通りです。 「こうしてその場所で、主のしもべモーセは主

2024年1月18日 申命記33章

申命記33章は神の人モーセが、その死を前にイスラエルの子ら(十二部族)を祝福したことばが記されている。 先日の関牧師のメッセージで語られたなかの一部の問いかけで「永遠の命があるという前提で終活をしているかどうか。」を思った時に、このモーセの終活が示された。彼は、主に逆らっていた民が自分の死後も主から離れることを知っていたのである。それでモーセは、主のみおしえを書いたものを祭司や長老たちに託したので

2024年1月17日 申命記32章

いよいよモーセの最後の説教も終わりを迎えようとしている。32章にはモーセの歌が記され、33章には祝福のことばが記されている。 このモーセの歌の中でも、10節のみことばが心にとまる。 「主は荒野の地で、荒涼として荒れ地で彼を見つけ、これを抱き、世話をし、ご自分の瞳のように守られた。」 「瞳のように」、神にとってこの民は、どれだけ大切な存在なのかということを表現している。大切だからこそ、この民が神を捨

bottom of page