top of page
  • hccnichigo

2023年12月21日 申命記5章

 申命記5章から26章まではモーセの長い第二の説教の始まりと言われていて、その内容はシナイ山で与えられた十戒が再び教えられています。申命記は、その意味(重ねて命じる)の通り、くり返し、くり返し十戒を教えている書であり、又、人間としての標準的なあるべき姿だと言われているそうです。


 くり返し教えられた理由は、十戒で示されている契約は、単に過去の人々とだけではなく、その時生きているイスラエルの民とも結ばれたものであることを、確認するためだと言われている。昔シナイ山にいた人々はみな死んでしまいましたが、その後の人々も「顔と顔を合わせて」主とお会いする必要があったのです。またこの契約はどんな時代でも変わらないことを示すためでもあったのです。


 十戒が与えられたとき、火と雲と闇で包まれたシナイ山から主の御声を聞いた人々の応答が述べられている。主がどれほど偉大で恐るべきお方であるかを体験した民は、自分たちに代わって主のことばを聞いてくれるように、モーセに願い出たのである。


 主もそのことを聞いておられて、認められた。そして、民を自分たちの天幕に帰らせた。主の命令でモーセだけがとどまり、民がこれから所有しようとする地において彼らに教えるすべての掟と定めを語られたのである。


「あなたがたは、あなたがたの神、主が命じられたとおりに守り行いなさい。右にも左にもそれてはならない。」-32節-


「あなたがたの神、主が命じられた道をあくまで歩み続けなければならない。あなたがたが生き、幸せになり、あなたがたが所有するその地で、あなたの日々が長く続くようにするためである。」-33節-



天の父なる神さま。主が命じられた道を右にも左にもそれることなく歩み続けることができますように導いてください。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン。


閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年1月19日 申命記34章

『約束の地を見て』 神様が言われたことが成就するように、モーセは、約束の地を遠く丘の上から眺めることが出来ましたが、その地に到着することは出来ませんでした。 主は、「わたしがアブラハム、イサク、ヤコブに『あなたの子孫に与える』と誓った地はこれである。わたしはこれをあなたの目に見せたが、あなたがそこへ渡って行くことはできない。」(4節)と言われた通りです。 「こうしてその場所で、主のしもべモーセは主

2024年1月18日 申命記33章

申命記33章は神の人モーセが、その死を前にイスラエルの子ら(十二部族)を祝福したことばが記されている。 先日の関牧師のメッセージで語られたなかの一部の問いかけで「永遠の命があるという前提で終活をしているかどうか。」を思った時に、このモーセの終活が示された。彼は、主に逆らっていた民が自分の死後も主から離れることを知っていたのである。それでモーセは、主のみおしえを書いたものを祭司や長老たちに託したので

2024年1月17日 申命記32章

いよいよモーセの最後の説教も終わりを迎えようとしている。32章にはモーセの歌が記され、33章には祝福のことばが記されている。 このモーセの歌の中でも、10節のみことばが心にとまる。 「主は荒野の地で、荒涼として荒れ地で彼を見つけ、これを抱き、世話をし、ご自分の瞳のように守られた。」 「瞳のように」、神にとってこの民は、どれだけ大切な存在なのかということを表現している。大切だからこそ、この民が神を捨

Yorumlar


bottom of page