top of page
  • hccnichigo

2023年11月17日 民数記第29章

『特別な祝日のささげもの』


 28章の定期的にささげる物の規定に続いて、29章では、特別な祝日の捧げものの規定が述べられています。 具体的には、ラッパが吹き鳴らされる日の捧げもの(29:1-6)、第七の月の10日の捧げもの(29:7-11)と第七の月の15日から七日間の捧げものです(29:7-40)。


 第七の月は現在の西暦にすると、9月あるいは10月で、ユダヤ暦でロシュハシャナ、新年祭の時期にあたります。


 第七の月には、その月の一日に聖なる会合を開かなければならない。 あなたがたは、いかなる労働もしてはならない。これを、あなた方にとって角笛が吹き鳴らされる日としなければならない。あなたがたは、次のものを捧げよ。主への芳ばしい香りとして、全焼のささげ物、すなわち、若い雄牛一頭、雄羊一匹。傷のない一歳の雄の子羊七匹。


 そして、穀物のささげ物が次に続きます。油を混ぜた小麦粉を、雄牛一頭につき十分の三エパ、雄羊一匹につき十分の二エパ、七匹の子羊については、一匹につき十分の一エパ。七匹の子羊については、一匹につき十分の一エパ。(29:3-4)


 それから、5節では、「また、あなたがたのために宥めを行うには、罪のきよめのささげ物として、雄やぎ一匹。」と続きます。


「これとは別に、新月祭の全焼のささげ物とその穀物のささげ物、常供の全焼のささげ物とその穀物のささげ物、および、それらに添える注ぎのささげ物、すなわち、規定による、主への食物のささげ物、芳ばしい香り。」(29:6)

 この6節で、角笛が吹き鳴らされる新年の一日目のささげ物の説明が終わります。


 この第七の月の十日には、あなたがたは聖なる会合を開き、自らを戒めなければならない。いかなる仕事もしてはならない。(29:7)

 この日は、贖罪日(ヨムキプール)といって、年に一度大祭司が至聖所に入って行き、イスラエルの民のために贖いをします。この日は、戒める、すなわち、断食をしなければなりませんでした。そして全焼のいけにえと穀物のささげもの、注ぎのささげものをささげます。


 第七の月の十五日には、あなたがたは聖なる会合をひらかなければならない。 いかなる労働もしてはなあらない。あなたがたは七日間、主の祭りを祝え。(29:12)そしてこれは、仮庵の祭りにおいてささげられるいけにえについて記されてあります。仮庵の祭りはもともと、イスラエルが約束の地に入るまで、神が彼らを守って下さったことを祝う祭りです。この期間中、彼らは仮庵の中に住み、イスラエルを守られた神のことをおもいおこすわけです。


主の祈り:主よ、あなたの恵みを感謝します。いつもあなたの声がきけるよう、聖霊様をとおして、聖書の言葉をとおして、私たちが耳をすましていれるように導いてください。素晴らしい全能の神様、感謝します。アーメン


閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comentarios


bottom of page