top of page
  • hccnichigo

2023年10月8日 レビ記24章

「主の御名を汚す者は必ず殺されなければならない。」-16節-


 被造物である私たちを創造してくださった創造主を汚すことは決してあってはならないことである。その人は必ず殺されるのである。


 そして、同時に、人間を打ち殺す者は必ず殺されなければならない、又、動物を打ち殺す者は、いのちをもって償わなければならない。つまり、みんながよく知っている、目には目、歯には歯をもって償うということである。このような刑罰は、在留異国人にも、イスラエル人にも、同じように裁かなければならないと命じておられるのである。なぜなら、主なる神は、正しく裁かれるお方であるからです。


 先日ドラマをみた。その中で、ある漁師がシャチを銛で射止めて船内に引っ張って逆さまに吊り下げたのである。シャチは大きな目から涙をながして死ぬ寸前であった。すると、逆さまにしていたシャチのお腹からまだ赤ん坊になっていない物体がでてきたのだ。漁師は怖くなってその物体をホースの水で水中におしやった、と同時に吊り下げていた雌のシャチも水中に捨てたのである。それを近くから一部始終みていた雄のシャチが雌の亡骸を陸まで押しながしていったのである。そして、雄のシャチの復讐がはじまって、船長は自分の命をとられたのである。それが、目には目を、歯には歯をもって自分の命をもって償ったのである。

 ある日、その船長は教会に行って、牧師に、動物を殺しても罪になるかと問うのである。もちろん、牧師は、「はい。命あるものを殺すということは大きな罪です。」と答えたのである。

 主なる神はだれにでも正しく裁かれるおかたであるのです。


 愛する天の父なる神さま。みことばを感謝します。あなたの灯をたやすことがなく、輝かし続けていくことができますように導いてください。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン

 輝かせよ、主のともし火、われらの闇の中に。望みを主の手にゆだね、来るべき朝をまとう。

「善き力にわれかこまれ」讃美歌21


閲覧数:25回

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comentários


bottom of page