top of page
  • hccnichigo

2023年10月5日 レビ記21章

 レビ記21章は祭司たちが聖さを保つための厳しい戒めが語られている。なぜならば祭司の役目は、主にささげ物をする人なので、特別に聖なる者でなければならなかったのである。


 祭司に求められているものは、近親の者、すなわち、母、父、息子、娘、兄弟、未婚の姉妹以外の死人に近づいてはならないこと。


 頭やひげの両隅を切り落としてはいけない。からだにいかなる傷もつけてはいけない。


 淫行で汚れている女、夫から離縁された女たちは妻としてはならない。


 祭司の娘が淫行で身を汚すなら、彼女は火で焼かれなければならない。


 どれを見ても大変であるが、最も厳しいと思ったのは、自分の娘が淫行で身を汚した時に、掟として彼女が火で焼かれなければならないということである。親としてこのようなことを受け入れるにはとても荷が重すぎると思うが、それほどに聖なることの重みというものは人知では計り知れないものであるということではないだろうか。


 主が求めておられた祭司とは、心と体の両方が完全な者でなければならなかったのである。


 天の父なる神さま。私も以前は心と身体に大きな傷のある者でした。でも、主イエス・キリストは私の大きな傷を身代わりに十字架にかかって下さり、私を恵みのなかへと導いて下さりました。心から感謝します。どうぞその恵みを多くの人々に分け与えていくことができますように導いてください。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comments


bottom of page