top of page
  • hccnichigo

2023年10月20日 民数記第1章

『神の人口調査』


 今日から民数記に入ります。この書は、モーセ五書(旧約聖書の最初の五つの書:創世記、出エジプト記、レビ記、民数記、そして、申命記)の一つです。


 エジプトの地を出て二年目の第二の月の一日に、主は、シナイの荒野の会見の天幕でモーセに告げられ、「イスラエルの全会衆を、士族ごと、一族ごとに調べ、すべての男子を、一人ひと名を数えて、その頭数を調べよ。あなたとアロンは、イスラエルにおいて、二十歳以上で戦に出ることができる者をすべて、その軍隊ごとに登録しなければならない。」と言われました(2~4節)。


 神の人口調査は、イスラエルの軍事力把握のために行われました。この人口調査は、民数記のはじめと後半(26章)に記録されているため、この書が民数記と呼ばれる所以です。 へブル語の聖書では、そのタイトルは”荒野にて”を意味し、二つの人口調査の間の出来事、つまり荒野を彷徨うイスラエルの記録を語るものになっています。 

 最終的には、一族ごとに登録された二十歳以上のイスラエルの子らで、イスラエルで戦に出ることができる者すべて、登録された者の総数は、六十万三千五百五十人でした(45及び46節)。この時代、女性や子供は数の中に含まれていなかったので、実際の人口は、二百万以上であったとされています。


 しかしながら、主は、「レビ部族だけは、ほかのイスラエルの子らとともに登録してはならない。また、その頭数を調べてはならない。」と言われました(48及び49節)。それは、彼らの奉仕は神の幕屋とそのすべての用具、およびそのすべての付属品を管理することで、幕屋の回りに宿営しなければなりませんでした。 幕屋には主が住んでおられ、そこは聖なるところで、だれも近づいてはならなかったからです。


 イスラエルの子らは、このようにし、すべて主がモーセに命じられたとおりに行いました(54節)。


主の祈り:わたしたちも、突然、人生の荒野に迷い込んでしまうことがあります。どうして良いか分からず、途方に暮れるようなこともあります。祈りが祈りにならないようなときもあります。 その嘆きに応えて下さるイエス様がおられることを感謝します。希望と慰めをお与えください。その荒野で主と出会い、その恵みをしることができますように。そのために、信仰の目が開かれますように祈ります。 アーメン


閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comentarios


bottom of page