top of page
  • hccnichigo

2023年10月17日 ヨハネの手紙第二1章

「霊的戦い」


 この2ヨハネの手紙の宛先は、1節『選ばれた婦人とその子どもたちへ」教会を支える婦人たちへの手紙で、愛と真理が繰り返されている。思い起こすと、旅の中で12使徒たちの日常の生活を支えたのも、十字架の主イエスを最後まで見守ったのも、復活の主を最初に見たのも、この選ばれた婦人たちであった。

 

 ペテロの手紙 第一3章1節抜粋「たとえ、みことばに従わない夫であっても、妻の無言のふるまいによって神のものとされるためです。」このみことばは、自分にとって心に刺さる、まさに自分はそのような聖書を知らずに、みことばに従わず、自分と家族にとって何が利益になることで、何が不利益か、何が楽しいことで、何を避けるべきか、自己中心の世界には、神中心の者達とは相容れない。そのような自分を主キリストに引き合わせてくれたのは、長年連れ添って、無言の振る舞いで支えてくれた妻であった事を感謝したい。


 聖書の中の宝石中の宝石であるローマ人への手紙の最後の16章1~2節に「私たちの姉妹で、ケンクレアにある教会の奉仕者であるフィべをあなたがたに推薦します。…. 彼女は、多くの人々の支援者で、私自身の支援者でもあるのです。」彼女も同労者、プリスカはパウロの命を守るために、自分の命を危険にさらしたとも書いてあります。私達の教会を支えておられるのも婦人達であり、日本の教会全体でも中心になっておられるのは婦人達である事は間違いありません。


 教会での結婚式を思い浮かべて下さい、新郎新婦はどちら側に立っていますか?新郎は右手で新婦は左側、通常は右側は権利の象徴 出エジプト記15章6節「主よ、あなたの右の手は力に輝き、主よ、あなたの右の手は敵を打ち砕く」主イエスも父なる神の右に座しておられます。自分の勝手な解釈ですが、新郎が右に立つのは、この世を生きる上で起こる問題、経済的なものも世の全ての悪から新婦を守る象徴ではないかと思うのです。しかし見る目を変えて、神の視点から新郎新婦を見ますと、なんと新婦が右側になります。新婦の役目は、霊的な戦いから新郎を守る権威と力が与えられているのではないでしょうか。自分もそれで妻によって救われたのです。


 さらに聖書はただ単に、この世の結婚を世俗的には捉えてはおりません。エペソ人への手紙5章31~32節「それゆえ、男は父と母を離れ、その妻と結ばれ、ふたりは一体となるのですある。」この奥義は偉大です。私は、キリストと教会を指して言っているのです。


 私達、主イエスを信じる者たちは、やがて主と共に一緒になる約束がされており、この霊的な真理を、みことばに従わない男どもに伝えてゆく権利を婦人達に与えておられるのではないでしょうか。 パウロの命を守るために、自分の命を危険にさらしたとありました。一人の霊的な命を救うためには、あなたの命をかけるほどの戦いが挑まれています。


祈り

どうか、私達の弱い信仰を支え、命をかけて、愛を持って真理を伝えられる者となることが出来ますように、私達を助けて下さい。あなたが愛されているシオンの丘、エルサレムで多くの人の血が流されております。 どうか人と人を見ながら裁くのではなく、私達が主イエスを見上げられるようになりますように アーメン


閲覧数:24回

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comments


bottom of page