top of page
  • HCCnichigo

2023年10月15日 ヨハネの手紙第一4章

「神は愛です。」17節(抜粋)


 キリストの無償な愛によって変えられたヨハネが伝えたかったのは、「神は愛です。」というその御言葉そのものにつきるのです。聖書の中で「愛」ということばは400回出てくるそうです。それほど愛というものがいかに大切であるかがわかります。


 愛があるところには、平和があります。憎しみのあるところには戦いがあります。世界のいたるところで戦争をしているのは、愛を完全に失い、愛を修復しようとしないのが現状ではないだろうかと思わされます。私たちにも言えることではないだろうか。


「神を愛する者は兄弟も愛すべきです。私たちはこの命令を神から受けています。」-21節-


 その御言葉が胸に響いた。「愛は感情ではありません。愛は意思です。」と、関牧師のメッセージの中にはよくでてくる素晴らしい愛の表現であります。神の御言葉に従っていけば、どんな嫌いな人をも愛することができるということです。


 自分自身に問われることでもある。自分自身が一体どれくらい神の命令を守り切っているか。いや、むしろ神の命令をほとんど守り切っていないことが多々にある。常に悔い改める毎日である。


 愛する天の父なる神さま。

今日の御言葉を感謝します。神は愛である。ヨハネがどれだけ語っても語りつくせぬ、イエス・キリストから受けた無償の愛を心で感じることができました。神の愛を、感情でなくて、意思をもって嫌いな人、苦手な人を愛することができますように助けてください。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:33回

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

bottom of page