top of page
  • hccnichigo

2023年1月29日 ディボーション

コリント人への手紙第二 10章


 9章で語ったパウロの柔和な語調から、10章はかなり厳しい語調になっている。それもそのはず10章を読んでいて、パウロはかなり激しく非難されていることが述べられている。


 パウロのことを、顔を合わせているときはおとなしいのに、離れていると強気だとか、手紙は重みがあって力強いが、会ってみると弱々しく、話しは大したことない等と彼らの高慢さにさすがのパウロも語らずにはおられない状況だったということを思わせられました。仮にも、パウロは神の使徒であるのによくもまあそういうことが言えたものだと思う。彼の使徒としての権威は、あらゆる不従順を罰する用意ができていることだったが、彼は、愛ゆえにその権威を使わなかったのです。それは、倒すためにではなく、立てるために主が与えられた権威であるということを確信したからである。パウロの愛と忍耐が示されました。


 私達教会生活においても言えることである。牧師と信徒、信徒同志などの間で起こりうる問題などはすべて立てることを忘れて倒そうとすることを優先にしてしまった時に起こるのである。そうならない為にも17節、18節のみことばをいつも心に持ちつづけていけるようになることが大切なことではないでしょうか。

誇る者は主を誇れ。」17節

自分自身を推薦する人ではなく、主に推薦される人こそ本物です。」18節


愛する天の父なる神さま、私もあなたに推薦される本物の人になれますように導いてください。感謝して主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン


閲覧数:36回

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comments


bottom of page