top of page
  • HCCnichigo

2023年1月27日 ディボーション

コリント人への手紙 第二 8章


 私たち人間は、身近な人であればあるほど、その人の弱さが見えてきます。色々と目についたり思ったりすることがあると思います。自分の気持ちに余裕があり、他人のことを考慮できる時もあれば、余裕がなく焦り、不安を感じ、他人に気配りができないときもあります。


8:14「今あなたがたのゆとりが彼らの不足を補うことは、いずれ彼らのゆとりがあなたがたの不足を補うことになり、そのようにして平等になるのです。」


 仕事でも、心に余裕があり、今日は調子がいいぞ、と思う時はお客さん1人1人に気配りができますが、忙しくて人手が足りない時は、自分のことで精一杯になってしまいます。完璧なホスピタリティーをお届けするのは大変なことなのです。


 ヨハネ8章では、律法学者とパリサイ人が、姦淫の場で捉えた女を連れてきて、女を石打ちにしようとしました。ですが、イエスは静かに言われました。


ヨハネ8:11「わたしもあなたにさばきを下さない。行きなさい。これからは、決して罪を犯してはなりません。」


 イエス様のように、罪を赦してくださる、寛大な心、そしてその人のために祈ること。兄弟姉妹に祈ってもらい、祈ってあげる、そのような自分の中でのゆとりや、相手の欠点、不足を補え合えるような人に私はなりたいです。


 そして、8章では私たちに大切な献金のことについて書かれています。


8:15「たくさん集めた人にも余ることはなく、少しだけ集めた人にも足りないことはなかった。」


 神様は私たちを満たしてくれるお方です。悩んでいる兄弟姉妹がいれば、助けてあげる。そのように、お互いを助け合い、お互いの必要を補っていく義務が私たちにあると思います。そして、それが、神の望んでいることだと私は思います。


 神様、私たちは互いがお互いを必要としていることを忘れてしまう時があります。なんていう罪でしょう。私たちは自分のことばかり考えてはいけません。常に兄弟姉妹を思い、祈り、支えあっていく。そんな人間に私を変えてください。困っている時に支えてくれる教会、そして兄弟姉妹がいることを感謝します。常に祈られ、サポートしてくれる教会、兄弟姉妹のために何かできることがあるのであれば、私をどうぞ、あなたの一人の弟子としてお使いください。アーメン。


閲覧数:40回

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

bottom of page