top of page
  • hccnichigo

2023年1月26日 ディボーション

コリント人への手紙第二 7章


 パウロはこの7章で、コリントの教会の人々に神のみこころを伝えた時、彼らは悲しんだのですが悔い改めることができたと述べている。とても気落ちしていたパウロにとっての喜び、慰めだったことでしょう。パウロは、この悔い改めは神が与えたものであるということを、コリントの教会をとおして知ったと解釈されています。


 パウロの喜びは、コリントの教会の人々の霊的な熱心さがひきおこされた(12節)こと、パウロの同業者であるテトスに対する温厚なもてなし

(15節)であった。これらのことは、コリントの教会の人々の霊的回復が本物であったということであります。そして、16節でパウロは「私はすべてのことにおいて、あなたがたに信頼を寄せることができることを喜んでいます。」と語っている。真の喜びは、すべて主がもたらしてくださるものであり、主の素晴らしさである。パウロの宣教の実が結ばれるところを示された。

 

みことばを宣べ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。忍耐の限りを尽くし、絶えず教えながら、責め、戒め、また勧めなさい。」テモテへの手紙第二 3章2節


 悲しみをただの悲しみと考えず「神のみこころに添った悲しみ」ととらえることであると語っている。なぜなら、10節(一部抜粋)で「神のみこころに添った悲しみは、後悔のない、救いに至る悔い改めを生じさせます。」と述べられているからです。



祈り

愛する天の父なる神さま。今日のみことばを感謝します。真の喜びは、すべてあなたがもたらしてくださるものです。みことばをとおして、あなたのすばらしさは永遠のものであることを新たに示されました。いつもいただく真の喜びを持ち続けることができますように導いてください。感謝して主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン


閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comments


bottom of page