top of page
  • hccnichigo

2023年1月2日 ディボーション

ダニエル書11章 

 

『信仰に立つ』 アイゾン直子

 

  聖なる御使いによるメッセージが続いています。今章の中心は、南(エジプト)の王と、北(シリア)の王による争いについてです。特に、平和同盟を結ぼうと嫁がせた南の王の娘、そしてその子どもが、北の王の前妻に暗殺されて以降は、し烈を極めます(6‐21)(Wikipedia, Barennice Syria参照)。

 

 戦いは、最終的には、北側が優勢となります。そして、この北から出て来る王が、「一人の卑劣な者」(21)「荒らす忌まわしいもの」(31)となります。この王に関しては、二人の人物、セレコウス4世、または、アンティオコス4世、のどちらかに意見が分かれるようですが、個人的にはアンティオコス4世だろうと思います。新共同訳聖書、旧約聖書続編マカバイ記第一1:1‐54には、この王による卑劣な行為の記述があり、それはまさしく、悪魔的です。

 

「それゆえ、預言者ダニエルによって語られたあの『荒らす忌まわしいもの』が聖なる所に立っているのを見たらー読者はよく理解せよー」(マタイ24:15)

 

 北の王アンティオコス4世は、「荒らすいわまわしいもの」、つまり反キリストのひな型です。彼のような反キリスト者が、終わりの日に必ず現れると聖書は預言しています。しかし、恐れることはありません。反キリストの攻撃によって苦しみの時が与えられても、「それは終わりの時までに、彼らが練られ、清められ、白くされるため」だからです(35抜粋)。

 現代を生きる私たちも、罪にあふれる世の中にあって、霊的試練におそわれますが、それもまた、「それは終わりの時までに、彼らが練られ、清められ、白くされるため」、なのだと思います。どのような状況下にあっても、信仰に固く立つことの大切さを思います。

 

 反キリストの到来は、恐怖を感じさせます。しかし、勝利は主にあることを覚えたいと思います。聖書の神は私たちに、完全なる勝利を約束してくださっています。不安になったり、思い煩ってしまうとき、みことばから励ましをいただき、主への完全なる信頼のもと、主と共に歩んでいきたいと思います。

 

祈り:愛する天のお父さま。信仰に固く立つことの大切さを、ダニエルの時代に生きたユダヤ人たちの歴史より学ぶことができました。この世の価値観の中で押しつぶされそうになったり、不安になったり、恐れたりすることがあります。そのようなとき、主と共に歩む道に戻してくださいますように。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comentarios


bottom of page