top of page
  • HCCnichigo

2022年9月7日 ディボーション

エレミヤ書43章


ユダの地にとどまれ


 ヨハナン、イザンヤ( アザルヤ)そして高ぶった人たちは42章でエレミヤに「あなたの神に残った自分達がいく道を祈ってほしい。」と懇願したにもかかわらず、43章では、「ユダの地にとどまれ」という神の御声に聞き従わずにエジプトに行く決断をするのである。挙句の果てに、エレミヤのことを偽預言者と呼んだのである。


 彼らは、この荒れ果てた地、食糧も何もない状況の中で生きていくのに不安が真っ先にきたことだと思う。そこに住み着いてどういうふうに生活を建て直していくのか、そういう状況の中で神の語られたこと「ユダの地にとどまれ」ということに果たして耳を傾けられるだろうかと、自分自身にも問われることである。まるで出エジプト記で民が荒野をさまよっていた光景のようである。荒野の何もない状況の中で、民はエジプトに帰りたいとつぶやいていたことが思いだされた。


 神を信じて従っていけば、神は、荒野にウズラを運び、マナを天から降らせるお方である。神の祝福を見ることができるのである。私も目の前の悪い状況だけを見て、判断して動く、まるで信仰がない行動をとり失敗することが多々にある。神は、無から有にしてくださるおかたであることを信じていくことである。


 「ユダの地にとどまれ」の主の御声に聞き従って、主の祝福を期待し待ち望むものとしてなりたい。



祈り

愛する天の父なる神さま。今日の御言葉をとおしてへブル人への手紙11:1の聖句が与えられたことを感謝します。 

さて、信仰は、望んでいることを保証し、目に見えないものを確信させるものです。

信仰の弱い者です。目に見えないものを確信していくことができますように、日々、聖書の御言葉を糧に歩むことができますように強めてください。

主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:38回

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

bottom of page