2022年9月4日 ディボーション

エレミヤ書40章


 とうとエルサレムとユダがバビロン捕囚となった。

 40章では、バビロンの親衛隊の長であるネブザルアダンのエレミヤに対する温厚なる対処、そしてエレミヤの選択などが示された。


 バビロンの親衛隊長であるネブザルアダンは異教の人でイスラエルの神を信じていないけれども、このバビロン捕囚の事をとおして、主がなされたことが成就されたことを認めているのである。ユダヤの民でさえ信じようとしなかったのに、この異教の人は彼らをはるかに上回るほどに神を知っていたのではないだろうか。2節から4節までのネブザルアダンがエレミヤに語ったことばがとても心に響かされた。


 親衛隊の長はエレミヤを連れ出して、彼に言った。「あなたの神、主は、この場所にこのわざわいを下すと語られた。そして主はこれを下し、語ったとおりに行われた。あなたがたが主の前に罪ある者となり、その御声に聞き従わなかったので、このことがあなたがたに下ったのだ。そこで今、見よ、私は今日、あなたの手にある鎖を解いて、あなたを釈放する。もし私とともにバビロンへ行くのがよいと思うなら、行きなさい。私があなたの世話をしよう。しかし、もし私と一緒にバビロンへ行くのが気にいらないなら、やめなさい。見なさい。全地はあなたの前に広がっている。あなたが行ってよいと思う、気に入ったところへ行きなさい。」2~4節


 なんという温厚なる語りだろうか。鎖を解いて釈放しただけでなくバビロンに行くもよし、やめるもよしとエレミヤに自由な選択をあたえたのである。


 エレミヤが選んだのは、ミツパにいるアヒカムの子ゲダルヤのところに行って、残された民と共に住むことだった。バビロンに行けばなに不足ない暮らしがまっているはずだろうに、あえて残された民と住むという選択をとったのは、エレミヤのユダに対する愛からでたことである。それは、イエスさまの十字架の愛そのものにつながっていくことではないだろうか。もし自分が自由になった時に、自分だったらどうするかと考えさせられるところである。


祈り

愛する天の父なる神さま。

ご自分の民に、何度も語っても聞き入れなかった裁きを下された時の気持ちが、如何ほどだったかと想像を絶するものであります。異教の人で、イスラエルの神を知らない人でもわかるはずのことを、なぜ民はあなたの御声に聞き従うことができなかったのかと思わされます。今の時代も旧約と変わらないことが多々にあります。あなたの御声に聞き従うことができない人々にどうぞ私達を用いて下さい。大胆に語ることができるようにその道を歩ませて下さい。恐れを取り去って下さい。勇気を与えて下さい。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:27回

最新記事

すべて表示

使徒の働き9章 この9章は、パウロの回心の出来事が記されている。この一連の出来事をドラマのようにイメージすると、なんとも劇的で、手に汗握るシーンがあり、中には「サウロの目から鱗のような物が落ち」(18)とあり、なるほど「目から鱗」とは、ここがオリジナルなのだと判ったり、読み応えのある章である。 パウロは、かつての迫害者から、イエスが「神の子」であることを証言する者へと変えられた。彼は、旧約聖書に精

使徒の働き8章 使徒たちはステパノを葬った後も御言葉を伝えるのに専念した。 8章の中で気になったのはサマリアで魔術を行なっていたシモンである。この者は魔術で人々の関心をよび、「この人こそ大能と呼ばれる」と言われた。シモンはペテロとヨハネが人々の上に手を置きイエスの御名によって御霊が与えられたのを見て、その力を金で買おうとした。 この世ではこの行為は日常茶飯事のことのように思える。一個人の利益名声の

使徒の働き7章 『最初の殉教者ステパノのメッセージ』 使徒の働き7章は最も長いもので、イスラエルの歴史と民に対する非難を語っているのである。7章は6章の続きで、人々の偽りの告発の為に最高法院に引いて行かれたステパノの長いメッセージが語られている。 51節から53節の説教は、人々が祖先と同じような間違ったことをしてきたことが語られているのである。 要約すると次のようになる。「うなじを固くして、心と耳