2022年9月23日 ディボーション

使徒の働き2章        

 

「エレミヤ書」「哀歌」から、一気に歴史が飛んだ。バビロン捕囚からのエルサレム帰還と神殿再建、ローマ帝国による支配、そしてイエスの誕生、十字架、復活を経て、「使徒の働き」の聖霊降臨となる。その間、約580年である。

 この期間に預言者たちの語った神のことばは、次々と成就していく。聖書をパノラマのように視るならば、確かに歴史は、神の摂理によって導かれていることが分かる。

 

 さて、この使徒の働き2章では、「聖霊降臨」の出来事が記されている。教会の誕生日とも呼ばれる最重要な出来事である。弟子たちにとって、イエスと歩んだ3年間は、この聖霊を受けるための準備期間であった。ここからが本番である。使徒たちを通して、イエスの福音は地の果てにまで宣べ伝えられていくのだ。

 

 聖霊に満たされたペテロは、この出来事に驚き怪しんでいる群衆に向かってメッセージを語る。「ペテロは、十一人とともに立って、声を張り上げ、人々に語りかけた。」(14抜粋)。

 ペテロは、この聖霊降臨の出来事はヨエルの預言の成就であること、またダビデの言葉を引用してイエスの復活を証言した。そして、結論として「神が今や主ともキリストともされたこのイエスを、あなたがたは十字架につけたのです。」(36抜粋)と語った。

 これが教会の最初のメッセージである。そして、今も受け継がれているメッセージである。私たちは、このメッセージを聞き、また伝えていくのだ。

 このメッセージに対して群衆は「兄弟たち、私たちはどうしたらよいでしょうか。」(37)と応答し、ペテロは「それぞれ罪を赦していただくために、悔い改めて、イエス・キリストの名によってバプテスマを受けなさい。そうすれば賜物として聖霊を受けます。」(38)と答えた。

 

 イエスを十字架につけたのは「あなただ」と語るだけでは、聞き手としては身もふたもない。しかし、あなたが十字架につけたイエスの名によってバプテスマを受ける、つまり、このイエスをキリスト(救い主)として受け入れるなら、聖霊を受けると言われたのだ。

 あなたが十字架につけた方を救い主と信じる、それがあなたの救いとなる。」これが教会のメッセージなのだ。

 時代が変わり、表現方法も伝達方法も変わっても、このメッセージの内容は変わらない。いや変えてはならない。

 これが、教会が主から託されたメッセージなのだから。

 

 天の父なる神さま

 主を十字架につけたのは、私です。主は、私の罪のために十字架で死なれたのです。その十字架から、罪の赦しが与えられます。その血によってすべての罪は清められました。主よ、感謝します。

 この十字架のメッセージを、私たちが高く掲げて伝え続けることができますように。伝える時に、そこに救いが起こることが信じます。なぜなら、これは真理だからです。主よ、ありがとうございます。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

閲覧数:26回

最新記事

すべて表示

使徒の働き28章 使徒の働き最後の章である。長い航海でいろんな危険を通ってきたパウロ達がたどり着いた所はマルタと呼ばれている島だった。航海中もパウロは主の名によって奇跡をおこした。そして、今度はこのマルタ島でもパウロ自身が一匹のまむしにかまれたのに何も起こらなかった出来事が述べられているのである。島の人々は、パウロを見て、「この人は神様だ」と言い出した。さらに、この島の長官であるプブリウスの父が、

使徒の働き27章 『難破船の276人の命』 ヨット遭難の経験がある。ワシントン州のリバティー湾で小さなヨットに乗っていた時に死 にかけた。しばらく帆走した後に風が強い日に帆を大きく張って出発してしまったので突風を 受けてあっという間に浸水して小さなヨットは逆さまになって自分は海に落ちた。沈(チン) してもセールを元に戻せる自信があって風の中を出発したのだが、2回ほどセールを戻そうと ヨットの下に突

使徒の働き26章 『パウロの証し』 パウロの証しの章です。パウロは、囚われた後、アグリッパ王に弁明する機会が与えられました。しかしその弁明のほとんどは、パウロ自らの証しとなっています。そしてその証しは、聞いているアグリッパ王を回心させようとするほどでした。 パウロの証しを手本に、証しの手順について考えてみました。 聴衆に対して敬意を表し、忍耐をもって聞いていただけるよう、お願いする(1—3) 自己