2022年9月21日 ディボーション

哀歌5章


 最後の哀歌となった。哀歌5章は全体が主なる神への祈りであり、主語が「私たち」で記されている。「私たち」という言葉が21語も書き記されているのは実に興味深いことである。哀歌には、主からの応答が全くない。一方的な「私たち」からの呼びかけで最後は祈りで終わっているのである。著者は、祖先の犯した罪の為に神の裁きにあったことを認め、それを十分受け止めながら、神の憐れみを願って祈っているのである。悔い改めて真剣になって祈り懇願するのである。


20節(一部抜粋)「なぜ、いつまでも私たちをお忘れになるのですか。」

21節(一部抜粋)「主よ、あなたのみもとに帰らせてください。」


 著者は、主はいつくしみ深く、主の憐れみはとこしえまでも、主は決して見放されることはなさらないこと、等々を十分に知っていたことでしょう。だから、22節で大胆に主に祈ることができたのである。


「あなたが本当に、私たちを退け、極みまで私たちを怒っておられるのでなければ。」22節


 自分の犯した罪で悲惨な状況にあった時に、つまり、自業自得の人生のなかにいた時にもこの著者のように大胆に祈ることができるだろうかと問われるところである。しかし、ある解説者によると、神は、私たちの再生の願いを厚かましいとは思われない、又、神の深い愛に甘えることが許されていると言われている。これが神と私達の関係に深く繋がっていくことではないだろうか。



祈り

 愛する天の父なる神さま。御名を心からほめたたえます。短い哀歌でしたけど多くのことを示して下さって心から感謝します。自業自得のなかにいても厚かましく祈り、悔い改めて、あなたの深い愛に甘えていくことができますように導いて下さい。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:24回

最新記事

すべて表示

使徒の働き9章 この9章は、パウロの回心の出来事が記されている。この一連の出来事をドラマのようにイメージすると、なんとも劇的で、手に汗握るシーンがあり、中には「サウロの目から鱗のような物が落ち」(18)とあり、なるほど「目から鱗」とは、ここがオリジナルなのだと判ったり、読み応えのある章である。 パウロは、かつての迫害者から、イエスが「神の子」であることを証言する者へと変えられた。彼は、旧約聖書に精

使徒の働き8章 使徒たちはステパノを葬った後も御言葉を伝えるのに専念した。 8章の中で気になったのはサマリアで魔術を行なっていたシモンである。この者は魔術で人々の関心をよび、「この人こそ大能と呼ばれる」と言われた。シモンはペテロとヨハネが人々の上に手を置きイエスの御名によって御霊が与えられたのを見て、その力を金で買おうとした。 この世ではこの行為は日常茶飯事のことのように思える。一個人の利益名声の

使徒の働き7章 『最初の殉教者ステパノのメッセージ』 使徒の働き7章は最も長いもので、イスラエルの歴史と民に対する非難を語っているのである。7章は6章の続きで、人々の偽りの告発の為に最高法院に引いて行かれたステパノの長いメッセージが語られている。 51節から53節の説教は、人々が祖先と同じような間違ったことをしてきたことが語られているのである。 要約すると次のようになる。「うなじを固くして、心と耳