2022年9月2日 ディボーション

エレミヤ書 38章

 

 預言者エレミヤが、「主はこう言われる。『この都に留まる者は、剣と飢饉と疫病で死ぬが、カルデア人のところに出ていく者は生きる。そのいのちは戦勝品として彼のものになり、彼は生きる。』」(2節)、「主はこう言われる。『この都は、必ず、バビロン王の軍勢に手渡される。彼はこれを攻め取る。』」(3節)と、民全体に語ることを聞いたゼデキヤ王の首長たちは、王にエレミヤを殺そうと促します。王ゼデキヤは躊躇することもなく、首長たちにまかせ、首長たちは、エレミヤを監視の庭にある王子マルキヤの穴に投げ込んでしまいます。ここで、異邦人のクシュ人(エチオピア人)の宦官エデベ・メレクが、首長たちがエレミヤにしたことはみな悪いことばかりだと王に告げ、穴からエレミヤを助け出します。エレミヤは監視の庭に保護されます。

 

 その後、ゼデキヤ王は、人を送って、エレミヤを自分のところにこさせ(主の宮の第三の入り口)、ひそかに、エレミヤから自分の決断に必要な預言を聴きだそうとします。「私はあなたに一言尋ねる。私に何も隠してはならないと」(14節抜粋)と。主の言葉を耳にしたいゼデキヤ王は、「私たちの、このいのちを造られた主は生きておられる。私は決してあなたを殺さない。また、あなたのいのちを狙うあの者たちの手に、あなたを渡すことも絶対にしない。」(16節抜粋)と語り、エレミヤの口から主のことばを熱心に聴き、エレミヤの命の保証もする王ゼデキヤ。


 エレミヤが語る主の言葉を聞き、主の預言者(エレミヤ)を守ることについては心を変えて、守ることにしたけれども、肝心の、主の言葉そのもの(バビロンへの降参)には従おうとしてないゼデキヤ王。

「なぜあなたがたは、わたしを『主よ、主よ』と呼びながら、わたしの言うことを行わないのですか?」(ルカ6:46)

 イエス様を、自分の心の中奥深くまで迎え、委ね、聖霊様を通して、主の言われることを行うことができるよう祈ります。


エレミヤは、エルサレムが攻め取られる日まで、監視の庭にとどまります。


主への祈り、

愛する主よ、あなたの溢れんばかりの愛に感謝します。自分の身の危険を感じながらも、あなたの御言葉を忠実に預言し続けたエレミヤを想いつつ、あなたを崇めます。アーメン

閲覧数:39回

最新記事

すべて表示

使徒の働き9章 この9章は、パウロの回心の出来事が記されている。この一連の出来事をドラマのようにイメージすると、なんとも劇的で、手に汗握るシーンがあり、中には「サウロの目から鱗のような物が落ち」(18)とあり、なるほど「目から鱗」とは、ここがオリジナルなのだと判ったり、読み応えのある章である。 パウロは、かつての迫害者から、イエスが「神の子」であることを証言する者へと変えられた。彼は、旧約聖書に精

使徒の働き8章 使徒たちはステパノを葬った後も御言葉を伝えるのに専念した。 8章の中で気になったのはサマリアで魔術を行なっていたシモンである。この者は魔術で人々の関心をよび、「この人こそ大能と呼ばれる」と言われた。シモンはペテロとヨハネが人々の上に手を置きイエスの御名によって御霊が与えられたのを見て、その力を金で買おうとした。 この世ではこの行為は日常茶飯事のことのように思える。一個人の利益名声の

使徒の働き7章 『最初の殉教者ステパノのメッセージ』 使徒の働き7章は最も長いもので、イスラエルの歴史と民に対する非難を語っているのである。7章は6章の続きで、人々の偽りの告発の為に最高法院に引いて行かれたステパノの長いメッセージが語られている。 51節から53節の説教は、人々が祖先と同じような間違ったことをしてきたことが語られているのである。 要約すると次のようになる。「うなじを固くして、心と耳