2022年9月17日 ディボーション

哀歌1章


『聖書はイエスさまを証するためのもの』


 イスラエルが捕囚に導かれ、エルサレムが荒廃した後、エレミヤは座して泣き、この哀歌をもってエルサレムのために哀悼した。と、七十人訳の前書きにはあるそうだ。

 1章はしんしんと降り積もるような悲しみが、繰り返し語り重ねられていく。3人称から1人称に変化するなど、どこか焦点の定まらない、うつろな、絶望の際の悲しみが伝わってくるようだ。

 エレミヤは主に召され、預言者として命がけで主のみことばを語り、エルサレムの民に悔い改めを語った。恐ることなく、あきらめることなく、真実の神さまを語り続けた。全身全霊を使い尽くして悔い改めを語ったけれど、エルサレムの民を救うことはできなかった。その無念さはいかばかりか。

 しかし前日のディボーションにあるように、エレミヤ書を通して私たちは、神の義があるから、神の愛が分かる。神の愛があるから、神の義が分かる。

 その一方で、エルサレムの民の痛み苦しみ後悔も分かる。

「ああ、ひとり寂しく座っている。人で満ちていた都が。」

「彼女はやもめのようになった。」(1節抜粋)

「その友もみな裏切り、彼女の敵となってしまった。」(2節抜粋)

 愛する人、築き慣れ親しんだ生活、それらを失ったエルサレムの民の喪失の嘆き悲しみはいかばかりか。

 しかし彼女らは被害者ではない。

「エルサレムは罪に罪を重ねた。そのため、汚らわしいものとなった。」(8節抜粋)

 彼女たちが神さまを裏切ったのだ。悲しいのは神さまのほうなのだ。神さまを悲しませたのは私なのだ。

 イスラエルの民が、そして私が悔い改めをしなかったために、エルサレム宮殿はめちゃくちゃに破壊された。同じところで罪なきイエスさまが十字架にかかってくださった。

 今週の学びのクラスで、「旧約も含め聖書は、イエスさまを証しするためのものです」とパスター。アーメン!


 愛する神さま、哀歌のように悲しい喪失の詩を読んでも、私は夫のことを感傷的に思い出すことはなくなりました。喪失を握りしめず、手のひらに乗せたら、イエスさまの愛が取り去ってくださいました。これほどの恵みはありません。

 イエスさまのお名前で感謝して祈ります。アーメン

閲覧数:48回

最新記事

すべて表示

使徒の働き9章 この9章は、パウロの回心の出来事が記されている。この一連の出来事をドラマのようにイメージすると、なんとも劇的で、手に汗握るシーンがあり、中には「サウロの目から鱗のような物が落ち」(18)とあり、なるほど「目から鱗」とは、ここがオリジナルなのだと判ったり、読み応えのある章である。 パウロは、かつての迫害者から、イエスが「神の子」であることを証言する者へと変えられた。彼は、旧約聖書に精

使徒の働き8章 使徒たちはステパノを葬った後も御言葉を伝えるのに専念した。 8章の中で気になったのはサマリアで魔術を行なっていたシモンである。この者は魔術で人々の関心をよび、「この人こそ大能と呼ばれる」と言われた。シモンはペテロとヨハネが人々の上に手を置きイエスの御名によって御霊が与えられたのを見て、その力を金で買おうとした。 この世ではこの行為は日常茶飯事のことのように思える。一個人の利益名声の

使徒の働き7章 『最初の殉教者ステパノのメッセージ』 使徒の働き7章は最も長いもので、イスラエルの歴史と民に対する非難を語っているのである。7章は6章の続きで、人々の偽りの告発の為に最高法院に引いて行かれたステパノの長いメッセージが語られている。 51節から53節の説教は、人々が祖先と同じような間違ったことをしてきたことが語られているのである。 要約すると次のようになる。「うなじを固くして、心と耳