2022年9月16日 ディボーション

エレミヤ書52章


 エレミヤ書は、この52章で終わる。51章64節には「ここまでが、エレミヤのことばである。」と書かれている。52章は、エレミヤを通して神のことばが語り尽くされた後の「あとがき」が書かれている。すべての結果が出てしまった後の、淡々とした描写がかえって深く心に迫る。

 バビロン帝国によって南ユダは滅びたのだ。神の都エルサレムは廃墟となり、栄華を極めたソロモン大王によって建立された神殿も廃墟とされ、すべての宝物は持ち去られた。中でも「契約の箱」は、この時から今に至るまで行方が分からないままだ。さらに、民の指導者たちは皆殺され、4600人の民は捕囚となってバビロンに強制移住させられた。荒涼とした虚しい光景が思い浮かぶようだ。

 

 しかし、エレミヤ書の最後は、バビロンの獄中にいた、かつてのユダの王エホヤキンが獄中から解放され、時のバビロンの王から厚遇されたという事が書かれている。

 神はバビロン捕囚となった民を見捨てず見放さず、それでもなお神の民としてくださっていることを垣間見る。そして捕囚から70年後に、この民は再び神の都に帰還し、神殿を再建することが出来たのだ。


 私たちは、エレミヤ書を通して、神の義と神の愛を見る。「見なさい、神の慈しみと厳しさを。」(ロマ11:22)神の義に畏れおののき、神の愛に希望を見出す。どちらも同じ神だ。神の義があるから、神の愛が分かる。神の愛があるから、神の義が分かる。

 エレミヤ書をはじめとする預言書を通して、私たちは義なる神を知り、愛なる神を知る。


 聖書には、この後のエレミヤの消息については書かれていない。エレミヤが契約の箱を運び出してどこかに隠したなど、色々な伝説があるようだが確かなところは分からない。

 それでいいのだ。エレミヤの務めは、神のことばを語ることだから。迫害を受けながら、涙を流しながら、エレミヤは語るべきことを語り抜いた。それ以外のことは分からなくていいのだ。  

 私たちは、エレミヤを通して語られた神のことばを、今私に語られていることばとして受け止め、神のことばに従う者とされたい。

 

 天の父なる神さま。 

 エレミヤ書を通して、あなたのご自身を知ることが出来たことを感謝します。あなたを畏れつつ、あなたを愛します。

 神のことばを一つも無駄にすることなく、神のことばに生きる私たちとしてください。 主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン


閲覧数:32回

最新記事

すべて表示

使徒の働き9章 この9章は、パウロの回心の出来事が記されている。この一連の出来事をドラマのようにイメージすると、なんとも劇的で、手に汗握るシーンがあり、中には「サウロの目から鱗のような物が落ち」(18)とあり、なるほど「目から鱗」とは、ここがオリジナルなのだと判ったり、読み応えのある章である。 パウロは、かつての迫害者から、イエスが「神の子」であることを証言する者へと変えられた。彼は、旧約聖書に精

使徒の働き8章 使徒たちはステパノを葬った後も御言葉を伝えるのに専念した。 8章の中で気になったのはサマリアで魔術を行なっていたシモンである。この者は魔術で人々の関心をよび、「この人こそ大能と呼ばれる」と言われた。シモンはペテロとヨハネが人々の上に手を置きイエスの御名によって御霊が与えられたのを見て、その力を金で買おうとした。 この世ではこの行為は日常茶飯事のことのように思える。一個人の利益名声の

使徒の働き7章 『最初の殉教者ステパノのメッセージ』 使徒の働き7章は最も長いもので、イスラエルの歴史と民に対する非難を語っているのである。7章は6章の続きで、人々の偽りの告発の為に最高法院に引いて行かれたステパノの長いメッセージが語られている。 51節から53節の説教は、人々が祖先と同じような間違ったことをしてきたことが語られているのである。 要約すると次のようになる。「うなじを固くして、心と耳