2022年9月15日 ディボーション

エレミヤ書51章


“God Has The Final Say”

 エレミヤ書51章には、バビロンに対するエレミヤの預言が記されています。エレミヤは、46章のエジプトに対する預言から始まって、イスラエルを取り巻く国々に対して多くの預言を行いました。

 ここで一つ重要な事実は、この預言がなされた当時、バビロンはまだ世界の頂点にあったということです。その王であるネブカドネツァルは、おそらく世界で最も強力な人物だったでしょう。

 しかし、エレミヤ書51章には、バビロンとその民が、神の民に対して犯した罪のゆえに、神の裁きを受けて廃墟と化している様子が生々しく記されています。しかし、このとき実際に廃墟となっていたのは、バビロンではなく、神殿が瓦礫と化したエルサレムの方でした。

 しかし、神は御言葉の真理を示すことによって、私たちにご自身が主権者であることを示されたのです。64節では、「石に縛り付けた巻物をユーフラテス川に流すと底に沈むように、バビロンもこれ以上沈んで上がることはない」と要約できます。

 エレミヤの預言から約2500年後の今日、神が御言葉を通して宣言されたように、現在のバビロンは、イラクのバグダッドから南に50マイルほど離れた荒れ地に過ぎないのです。バグダッド建設の際、バビロンの遺跡はレンガの材料として使われたと言われています。バビロンは荒れ地となりましたが、イスラエルは再び国家として再建されました。

 エレミヤ書51章は、恐怖と破壊に満ちていますが、バビロンに流刑されたユダヤ人にとっては、励ましの預言なのです。神はイスラエルの民をバビロンに追放し、エルサレムと神殿を破壊し、民を見捨てたように見えましたが、神は決して民との約束と救済の全体計画を忘れてはいなかったのです。

「わたしは、あなたを祝福する者を祝福し、あなたを呪う者をのろう。地のすべての部族は、あなたによって祝福される」(創世記12:3, 新改訳2017)とアブラムに宣言されたことを思い起こすことができるでしょう。神はモーセに約束を再確認されました。「あなたの神、主はあなたの敵に、あなたを迫害した、あなたを憎む者たちに、これらすべてののろいを下される。あなたは再び主の御声に聞き従い、私が今日あなたに命じる主のすべての命令を行うようになる」(申命記30:7-8, 新改訳2017)

 神の怒りは決して永遠には続きません。神の民に対する裁きも、神の民がへりくだり、神のもとに帰るという目的を果たした後、終わりを迎える。 贖いは、常に神の計画の一部であり、裁きの後には必ず贖いが待っているのです。

 バビロンへの追放という裁きの後、神の民は偉大なリバイバルを経験し、少なくとも一時的には神のもとに立ち返りました。エレミヤ書51章にあるように、バビロンは神の民に害を加えることによって、やがて滅びを迎えることになりますし、実際にそうなりました。しかし、これも神の贖いの物語の一歩に過ぎず、数世紀後、その残党の人類の子孫の一人である私たちの主イエス・キリストを通してクライマックスを迎えるのです。

 父なるさま、今日の御言葉に感謝します。あなたは創造主であり、すべての国を支配している唯一の方です。国は栄え、滅びますが、あなただけがアルファでありオメガなのです。エレミヤ書51章を読むと、あなたの民に対するあなたの計画が、決して彼らを傷つけるためではなく、彼らを贖うためのものであることがわかります。歴史を振り返ってみると、あなたがどのように約束を守ってこられたかがわかります。イエスさまが私たち皆のために十字架上で死なれた時、私たちはアブラハムの子孫を通して地上のすべての国々が祝福されたことを見ることができます。

 父なる神さま、私たちがこの祝福の一部となることを許してくださって、ありがとうございます。父なる神さま、ありがとうございます。私たちはあなたを愛しています、父なる神さま。In Jesus’ Name we pray, amen.

Jeremiah 51 contains a collection of Jeremiah’s prophesies against Babylon. Beginning from Jeremiah 46, which was against Egypt, Jeremiah delivered many prophecies against the nations surrounding Israel. One important fact to be mentioned is that at the time of this prophecy, Babylon was still at the top of the world. Nebuchadnezzar, its king, was likely the most powerful person in the world. Jeremiah 51, however, delivers many graphic accounts of Babylon and its people lying in ruins as the result of God’s judgment for its crimes against God’s people. What laid in ruins at this time was not Babylon, but Jerusalem, with its temple turned to rubble. God, however, showed us is sovereignty by displaying the truth of His Word. In verse 64, the oracle stated that, just as a scroll tied to a stone and caste into the Euphrates river sinks to the bottom, Babylon shall sink and rise no more. Today, around 2,500 years after Jeremiah’s prophecy, just as God declared through His Word, Babylon in nothing but a wasteland about 50 miles South of Baghdad in Iraq. During the construction of Baghdad, Babylon’s ruins were believed to have been used as a source of bricks. Though Babylon is not a wasteland, Israel is once again a nation.

Although filled with horror and destruction, Jeremiah 51 was a prophecy of encouragement for the Jews who were taken into exile in Babylon. Although God appeared to have abandoned His people by their exile into Babylon and allowing the destruction of Jerusalem and His temple, God never for forgot His promise to His people and His overall plan of redemption. We can recall what God first declared to Abram: “I will bless those who bless you, and him who dishonors you I will curse, and in you all the families of the earth shall be blessed”(Genesis 12:3 ESV). God reconfirmed His promise to Moses: “And the Lord your God will put all these curses on your foes and enemies who persecuted you. And you shall again obey the voice of the Lord and keep all his commandments that I command you today.”

(Deuteronomy 30:7-8 ESV). God’s anger never lasts forever. Judgement against his people too will come to an end after it serves its purpose; having God’s people humble themselves and return to Him. Redemption has always been part of God’s plan as redemption always followed judgement. After their judgement of exile into Babylon, God’s people experienced a great revival and turned back to Him, at least for a time. As we read in Jeremiah 51, Babylon will, and eventually did, suffer its own demise by the harm that it did to God’s people. But this too is only another step in God’s redemptive story which climaxes centuries later through one of the human descendants of their remnant, our Lord Jesus Christ.

Thank You, Father, for todays Word. You are the Creator and the only One Who is sovereign over all nations. Nations rise and fall, but You alone are the Alpha and Omega. As we read Jeremiah 51, we saw how Your plan for Your people was never to harm them, but to redeem them. As we look back into history, we see how you kept Your promises. When Jesus died for all of us on the Cross, we can see how all the nations of the earth was blessed through Abraham’s descendent. Thank you, Father, for allowing us to be part of this blessing. Thank You, Father. We love You, Father. In Jesus’ Name we pray, amen.


閲覧数:23回

最新記事

すべて表示

使徒の働き9章 この9章は、パウロの回心の出来事が記されている。この一連の出来事をドラマのようにイメージすると、なんとも劇的で、手に汗握るシーンがあり、中には「サウロの目から鱗のような物が落ち」(18)とあり、なるほど「目から鱗」とは、ここがオリジナルなのだと判ったり、読み応えのある章である。 パウロは、かつての迫害者から、イエスが「神の子」であることを証言する者へと変えられた。彼は、旧約聖書に精

使徒の働き8章 使徒たちはステパノを葬った後も御言葉を伝えるのに専念した。 8章の中で気になったのはサマリアで魔術を行なっていたシモンである。この者は魔術で人々の関心をよび、「この人こそ大能と呼ばれる」と言われた。シモンはペテロとヨハネが人々の上に手を置きイエスの御名によって御霊が与えられたのを見て、その力を金で買おうとした。 この世ではこの行為は日常茶飯事のことのように思える。一個人の利益名声の

使徒の働き7章 『最初の殉教者ステパノのメッセージ』 使徒の働き7章は最も長いもので、イスラエルの歴史と民に対する非難を語っているのである。7章は6章の続きで、人々の偽りの告発の為に最高法院に引いて行かれたステパノの長いメッセージが語られている。 51節から53節の説教は、人々が祖先と同じような間違ったことをしてきたことが語られているのである。 要約すると次のようになる。「うなじを固くして、心と耳