top of page
  • HCCnichigo

2022年9月14日 ディボーション

エレミヤ書50章


『バビロンの滅びの宣告』


 イスラエルは、神の裁きによりアッシリアの王に食われ、その骨はついにバビロンの王ネブカドネツァルが食らった。そして、今度はバビロンが滅ぼされるというのだ。神の目に義とされることを行わなければ裁きが待っているということである。


 バビロンは、主の御計画の為に用いられたのに、彼らも又、ベルとメロダクという偶像の神を拝していたのである。高慢になっていたのである。自分の力を過言して、イスラエルの民とユダの民を虐げたのである。主に対して罪を犯した者は、神が見逃すはずはないのだ。15節と16節では、恐ろしいまでに、主の復讐がリアルに表されているのである。そして、40節で、「神がソドムとゴモラと、近隣の町々を滅ぼしたように、―主のことば―そこには人が住まず、そこには人の子が宿らない。」と、神はバビロンを完全に滅ぼされると述べられるのである。


 神に用いられているからといって何をしてもいいということではないのだ。神に用いられている時ほど最も気をつけなければいけないことは、高慢にならずに、常に、謙遜になることを自覚していくことではないだろうか。自分の力でやったと思っても、それは、自分の背後には常に神の介入があった為に成し遂げさせてもらえたということであって、決して自分ではないということを忘れてはならないことである。


その日、その時―主のことば―イスラエルの咎を探しても、それはない。ユダの罪も見つからない。わたしが残す者を、わたしが赦すからだ。」50:20 


 なんという神のユダに対する深い愛と憐みにみちた御言葉でしょうか。神は、決してご自身の選民をお見捨てにならないお方である。それは、イスラエルとユダとの新しい契約を結ぶということである。解釈では、その新しい契約はイエス・キリスが贖いの十字架の死によって成立したということである。(へブル人への手紙8章、9章を参照)


愛する神さま。今日の御言葉を感謝します。容赦ない裁きの後にもご自身の選民への深い愛と憐みに心が打たれました。私達クリスチャンもイエス・キリストの十字架による一方的な愛によって救われて、生かされていることに感謝します。日々高慢にならず、へりくだる心をあなたにむけて、自分を低くしていくことができますように導いてください。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:26回

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

bottom of page